ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大阪】阪急うめだ本店に甘い誘惑のテーマパークが出現中!『バレンタインチョコレート博覧会』

DATE:
  • ガジェット通信を≫


阪急うめだ本店は、年に一度のチョコレートの祭典を国内最大級の規模で2月14日(日)まで開催中だ。販売だけでなくチョコの奥深さを紹介する会場やその場でイートインできる15ブランドのチョコスイーツも用意。約200ブランド1700種類の品揃えを誇る。そして特筆すべきは9階のフロアが丸ごとテーマパークのようにチョコ一色となっていることだ。


まず、阪急うめだギャラリーでは『カカオワールド』を初開催。Bean to Barが注目されている今「カカオ」の奥深さを伝えるセミナーやイベントのほか、ベトナム産「マルゥ」やフランス産「エリタージュ」など500種類のタブレットチョコが集合。また、チョコドリンクやスプレッドなども楽しめる。

次に、祝祭広場では「パティシエ エス コヤマ」の小山進さんや「ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ」の土屋公二さんなど日本を代表する『5人のカカオティエ』による特別なチョコレートを特集する。

そして「カフェ ル パン」「ア・ル・ロイック」「かんみこより」「丸福珈琲店」の4つのカフェでチョコ特別メニューを提供する。

さらに、アートステージでは日本各地のうわさのチョコを集めた『ニッポンのチョコ』を初開催。日本の銘菓撰担当バイヤーが厳選した約190種類以上がお目見え。どれもご当地愛があふれるものばかりなんだとか。


最後に、阪急でしか手に入らない限定商品をご紹介。フジマル醸造所×ゴンチャロフの山葡萄ワインボンボン(5個入り756円=写真)やアンテプリマ×バビのスペシャルギフト(各1個入り各1296円でヒョウ柄のみうめだ本店限定)とプレミアな品々も並ぶ。

バレンタインデーまで約2週間、会場でチョコの甘い誘惑に包まれてみて!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP