ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「演歌の道、一本でやっていきたい」岩佐美咲がAKB48卒業を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 AKB48メンバーで演歌歌手としても活動する岩佐美咲(21)が、誕生日でもある1月30日に浅草公会堂で行った初のソロコンサートで、AKB48からの卒業を発表した。

 岩佐は演歌歌手としてソロデビューして今年で5年目。5枚目のニュー・シングル「ごめんね東京」(1月6日発売)が、オリコンウィークリーランキング総合シングル初登場6位(1月18日付)、演歌初登場1位(同)と好スタートを切っている。

【関連:あ!は!れ!平安歌人風に『恋チュン』歌ってみたが優雅すぎて癖になる】

 30日に行われた『岩佐美咲ファーストコンサート~無人駅から 新たなる出発の刻(とき)~』のチケットは、先行販売で即日完売。当日は、1000席の会場が熱狂的ファンで埋め尽くされた。ロビーでは彼女が過去に着用した衣装の展示会も開催されていた。

 ステージでは「初酒」をはじめ、AKB48のヒット曲から「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」などの演歌バージョン、昭和の名曲のカバーから、新曲「ごめんね東京」、セカンドシングル「もしも私が空に住んでいたら」、アンコールで秋元康が作詩した故・美空ひばりのヒット曲「川の流れのように」、ソロデビュー曲「無人駅」など全21曲を熱唱。
途中、サプライズゲストとして元AKB48の松井咲子がバースデーケーキと共に登場して、岩佐は「咲子さんのピアノで歌うのが夢でした」と笑顔を見せ、松井のピアノ伴奏で「履物と傘の物語」と「翼をください」を披露した。

 そして、最後に「これからも皆さんのお力をお借りしながらいろんな夢を叶えていきたいと思っています。その中で自分に厳しくしたく、一つ自分の中で決めたことがあります。岩佐美咲は、AKB48を卒業します」と発表。
「演歌の道、一本でやっていきたいという意思が演歌を歌わせていただくたびに強くなってきて、この決断をさせていただきました。AKBをやめてからが本当のスタートラインですし、皆さまの応援が必要になりますので、これからも応援してくださったらうれしいです」と決意を語った。突然の発表にファン達は驚きを隠せない様子だったが、岩佐のこの決意に「頑張って!」という温かい拍手と声援が送られていた。なお、卒業の日は未定となっている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP