ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

X JAPAN『We Are X』、米サンダンス映画祭でワールドシネマドキュメンタリー部門編集賞を受賞

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2016年1月30日ロサンゼルス –ロサンゼルス現地時間 2016年1月30日(以下同現地時間)、2016年米サンダンス映画祭の受賞者が発表され、X JAPAN のドキュメンタリー映画『We Are X』がワールドシネマドキュメンタリー部門の最優秀編集賞を受賞した(編集:Mako Kamitsuna, John Maringouin)。

世界を代表する映画祭の一つ、サンダンス映画祭とだけあり、受賞は大きい快挙となる。『We Are X』は 1月23日に同映画祭でワールドプレミアされた。1月22日には、㼄JAPANのリーダーYOSHIKIはサンダンス映画祭史上初となるオフィシャルオープニングイベントにてピアノ演奏を披露。世界中の業界人・メディアが注目する中パフォーマンスし、スタンディングオベーションになるなど大絶賛の嵐を受けた。

『We Are X』は日本が誇る伝説的ロックバンドの進化、前代未聞の歴史、そしてさらなる成功が約束された彼らの未来を追求するハリウッドのドキュメンタリー映画。X JAPANの偉業と世界各国でのソールドアウトツアーを中心に、不屈の精神を持ったバンドの勝利と悲劇の軌跡を追う。製作は、Searching For Sugar Man(邦題:シュガーマン 奇跡に愛された男)でアカデミー賞を受賞したプロデューサー、ジョン・バトセックと、優れたミュージックドキュメンタリー作品を生み出してきた スティーブン・キジャック(主な作品にStones In Exile/邦題:ローリングストーンズ ストーンズ・イン・エクザイル〜「メインストリートのならず者」の真実、スコット・ウォーカー -30 Century Man-[デビッド・ボウイプロデュース]、Backstreet Boys: Show ‘Em What You’re Made Ofなどがある)が担当した。この快挙にYOSHIKIは「悲劇に満ちた扉を開けるのは辛かった。だけど HIDE と TAIJIを含めた X JAPAN の物語がこうして作品になることで、また新たな道が開けるように思えてきた。製作スタッフや関係者のみなさん、そしてファンのみなさんに感謝しています。」とコメントしている。X JAPANはYOSHIKIとTOSHIによって結成以来、そのビジュアルとハードなサウンドで世代を越え音楽シーンに多大なる影響を与え続けている。現在までに東京ドーム公演を18回成功させ、述べ100万人を動員している。

2007年に再結成以来、2008年に「I.V」、2011年「JADE」、昨年「BORN TO BE FREE」とシングルを3作品リリース。再結成後世界各国でツアーを行い、2014年10月には今年発売予定のアルバムと『We Are X』公開発表前にニューヨークで初のマジソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)公演を成功させた。

YOSHIKI(ドラム、ピアノ)、TOSHI(ボーカル)、HIDE(ギター:98年死去)、TAIJI(ベース:11年死去)、HEATH(ベース)、SUGIZO(ギター)、PATA(ギター)、『We Are X』のさらなる快進撃に世界中の注目が集まる。

X JAPAN『We Are X』
http://www.sundance.org/projects/we-are-x

関連リンク

X JAPAN オフィシャルサイトhttp://www.xjapanmusic.com
YOSHIKI CHANNELhttp://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial
YOSHIKI Twitterhttps://twitter.com/YoshikiOfficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP