ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「自分のものにする」という意味にも色々あるようで。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 法律の条文において、いわゆる「自分のものにする」という意味を持つ言葉は複数あり、それぞれ意味や法律上の効果が異なってきます。民法上では、大きく「所有」と「占有」という概念があります。

 では、「自己のためにする意思をもって物を所持すること」を意味するのは、次のいずれでしょうか。

(1)占有
(2)所有

A.

正解(1)占有

 占有については、民法180条において「占有権は、自己のためにする意思をもって物を所持することによって取得する」と規定されています。
 自己のためにする意思とは、その物からの事実上の利益を自分に帰属させようとする意思を意味します。

 一方、所有については、民法206条に規定があり、「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する」とあります。
 処分というのが含まれているのがポイントで、売却したり、文字通り捨てたりということも可能です。特定の財産についての所有権を持っていることを意味します。

 基本的には所有と占有が一致しているのが通常です。
 ただ、例えば、あるパソコンの所有者が別の人に貸して、借主がそれを一定期間使用している場合、所有と占有が不一致になるというケースは結構あります。

元記事

「自分のものにする」という意味にも色々あるようで。

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP