ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バブル期人気のBMW E30型なら50~100万で購入可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 モテ車を解説する「週刊ポスト」連載の「死ぬまで カーマニア宣言!」。これまでにクルマを40台買ってきたフリーライター・清水草一氏(53)が、30年前のバブル期に「六本木のカローラ」と呼ばれたBMW・3シリーズについて解説する。

 * * *
 ご同輩諸君。我々はバブル期を知る世代である。ただ、バブルでいい思いをしたことのない世代でもある。クルマに関しても同様だ。バブル期、いいクルマに乗っている男は、それだけでモテた。あの頃の女は、男をクルマで値踏みしたからである。が、そんなクルマに乗れなかった我々は、指をくわえて見ているしかなかった。

 だが、今こそ復讐の時である! 当時、「六本木のカローラ」と呼ばれたBMW・3シリーズ。1983年から1994年にかけて販売された、このE 30と呼ばれる3シリーズ(2代目)に憧れたご同輩は少なくないことだろう。「六本木のカローラ」というのは蔑称のようでいて、憧れても買えない者がやっかみで呼んだ名だ。当時、最上級グレードの325iの新車価格は508万円。まだ若かった我々にとっては、夢のまた夢だった。

 あれから約四半世紀。その間にBMW・3シリーズは4回フルモデルチェンジし、現在は6代目になっているが、最近、我が家の近所の賃貸駐車場に、その「六本木のカローラ」が降臨した。

 ボディはピカピカで新車同様。小振りで引き締まったシンプルなボディデザインは、歳月を経てもまったく色あせていない。正直、現行型より断然カッコよく見える。

 E30型というと、スポーツモデルのM3が別格にカッコよかったという記憶をお持ちの方もいるだろう。エンジンは4気筒ながら4バルブDOHCで195馬力を誇り、なによりレースでの大活躍が憧れを増幅させた。

「あれ、さすがにもう安くなってるんじゃないの?」

 とんでもない。現在は世界的なヤングクラシックブーム。あのM3は現在、ヘタすれば1000万円の値がついている。が、普通のE30型なら買える。価格は50万円から100万円くらいだ。

「それなら買えるね。でも、ちゃんと動くのかい?」

 筆者の友人に、5年前からこのE30型(1989年式)に乗っている男がいる。モデルは325iカブリオレ、つまりオープンカーだ。バブル期にはそれこそ雲の上のまた上のクルマだったが、購入価格は50万円。整備して登録を済ませて70万円ほどだったそうだ。購入時点の走行距離は10万km、現在は15万kmである。先日、これに試乗させてもらった。

 エンジンは一発で始動した。E30型は当初から電子燃料噴射式。オーナー曰く、「始動に手間取ることはないよ。近所の買い物にも使ってるしね」。

 ATセレクトレバーをDに入れて発進。ATレバーは可能な限りDのまま動かさないことがコツだ。信号待ちのたびにN(ニュートラル)に入れたりするとすぐに壊れる。できれば手動でシフトダウンするのも避けたい。この時代のBMWのATには、特に繊細な心遣いが必要である。

 走り出してしまえば、さすが325i、トルクがあって実にスムーズに走る。もはや速い部類には入らないが、周囲のクルマに取り残されるなんてことはまるでない。30年前のクルマとは思えない乗りやすさだ。

 なにより素晴らしかったのは、その風情である。BMWのSOHC・直列6気筒の回転フィールは、まさに絹のよう。3シリーズの6気筒エンジンは、この次のE36型からすべてDOHCになったが、今となっては古典的なSOHCストレート6の感触に、かえって涙が出る思いだった。

 これまでに故障でエンコしたことは2回あるという。燃料ポンプの寿命が尽きたのと、電気系(リレー)が原因で、ともに燃料がエンジンに来なくなった。

「純正部品はすごく高い。でもアメリカに愛好者が多くて、あっちであらゆる社外部品が作られてるから、それをインターネットで注文するんだ。燃料ポンプで1万円くらいだったよ」(オーナー)

 古いクルマだけに、ある程度の故障は覚悟する必要があるが、死ぬ前になんとか購入して、あの頃の思いを果たそうではないか! これで美女と温泉に繰り込めば、復讐は完璧に成就する。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徳大寺有恒氏 芸術の街で1500万円のベントレー買った過去
無敵のモテ車ベンツGクラス 中古入手でも400万円用意すべき
トヨタのシエンタとホンダのフリード 専門家が総合的に比較

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP