ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モノを持たないミニマリスト なったきっかけとその心理

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 すっかり認知された「断捨離」。つきつめて物をもたない「ミニマリスト」も話題だ。そんな中、断捨離という行為に身も心もとらわれてしまう人もいる。

 2月6日からNHKBSプレミアムで放送されるドラマ『わたしのウチには、なんにもない。』の原作コミックエッセイ(KADOKAWA)の著者、ゆるりまいさん(30才)は「なんでもかんでも捨てたい病」を発症した自分と家族の物語を同書の中で描いている。

 宮城県仙台市にあるまいさんの自宅を訪ねた。まいさんはこの家でサラリーマンの夫(31才)、高校教諭の母(57才)、長男(11か月)、猫4匹とともに暮らす。

 4年前に新築した一戸建てに入った本誌記者は仰天した。リビングはフローリングに4人掛けのテーブルといす、壁には大きなテレビとDVDプレイヤー、時計がかかっているほかは見事に何もない。キッチン、洗面所、寝室やそれ以外の部屋も、必要最低限のもの以外は何もない。棚を彩る小物や、壁を飾る絵画はおろか、小さな子供と猫が4匹いるにもかかわらず、おもちゃらしきものも見あたらない。

 究極のミニマリストであるまいさんだが、昔は「捨てられない」人間だった。自宅を新築する前に住んでいた実家は築年数の経った家で、着物や布団など先祖の荷物であふれていた。

 この経験から、物があふれる家が当たり前だと思っていたまいさんだが、高校時代の失恋をきっかけに「捨てる快感」に気づいた。

「交際していた彼との思い出の写真や日記などを思い切ってゴミ箱に捨てたら、なぜか気持ちよくなったんです。“捨て”の快感に目覚めてしまい、家にあるいらない物を次から次へと捨て始めました。“人の物を勝手に捨てるな!”とよく怒鳴られました」(まいさん)

 当時、同居していた祖母は「もったいない」が口癖で、プリンのカップやコンビニでもらったスプーンなどをこまめに取っておいていた。まいさんがこっそりカップを捨てると祖母が「何するんだ」と怒り、けんかが絶えなかった。

 家族との衝突があまりに多く、まいさんは「もうムリだ」と自宅の片づけをあきらめた。就職した地元の広告会社はブラック企業で超多忙の日々が続き、気づいたら自分の部屋が汚部屋になっていた。散らかった自宅を見て、「なんでこんなに汚いんだ!」と癇癪を起こしてはひとりで泣いていた。

 そんな彼女の人生を大きく変えたのは2011年3月の東日本大震災だった。まいさんが5年前のあの日を振り返る。

「あの時、家の中に積み上がっていた物が一気に降ってくるという恐怖を経験しました。物が凶器になり、“この家に殺される”と本気で思ったんです。自宅は全壊に近く、避難道具を持ち出そうにも物があふれかえっていて、どこに何があるかわからない。“この家は絶対安全だから出たくない”という祖母を引っ張って家の外に出た瞬間、またいろんな物が上から降ってきて本当に危なかった。その時、“二度とこんな家に住みたくない”と心から思ったんです」

 この時の経験から、とにかく物を少なくすることを決意したまいさん。結婚後、夫とのマンション暮らしを経て4年前に現在の自宅を新築し、また祖母と母と暮らし始めた。そこでは物を少なくするためにずいぶんと「暴走」したという。

「ここに引っ越してきた当初がいちばんピリピリしていて、常に“そこに物を置かないで!”などと家族に注意していました。この時の私は完全に『物を捨てたい病』を発症していました。また以前のような汚家(おうち)に戻ってしまうのが怖かったからです。家族には『鬼軍曹』に見えていたようです」(まいさん)

 当時のまいさんは、通常なら大切にされる思い出の品にも容赦なかった。小学校から大学までの卒業アルバムを「いざとなったら友達に見せてもらうか、母校に行けばいい」とすべて捨てた。結婚したときも、それまでずっとつけていたペアリングを捨ててしまった。

「“結婚指輪があるからいいんじゃないか”と、結婚指輪が届いたその日にペアリングを捨てました。もう一生つけることのないペアリングを持ち続けることが我慢できなかったんです。余分に思える物を自分の身の回りに置いておくことが不快で、そんな自分を許せなかった。祖母が物持ちのいい生活をしていたから余計に“物嫌い”が加速したのかもしれません。

 ペアリングを捨てたことを夫に告げたら、“またまた、いつもみたいに冗談でしょう。ぼくは信じないよ”って言われた。本当だとわかったときは『やるだろうなと思った』と苦笑いしていました。友人からはあきれられました」(まいさん)

 この話を知った母親も激怒。その後、半日口をきいてもらえなかったという。

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
乳がんを機に捨てる快感に目覚めた女性の捨て暮らし描いた本
断捨離にハマるデブ妻に夫「物だけでなく恥じらいも捨てた」
伊良部氏 死後に自宅前の献花蹴散らされ追悼文を破られる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP