ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

帝王切開予定の方は特におすすめ。入院時の持ち物に、産褥ショーツも要チェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

肌着やベビーバス、哺乳瓶、ベビーベッドなど赤ちゃんグッズの出産準備が整った後は、いよいよママの入院に向けての準備が始まると思います。

病院によっては、産褥パッドやパジャマなどを病院で用意してくれる場合もあるので、自分で入院グッズを買い揃える前に確認してみるといいと思います。

私が入院した病院では、産褥パット数点と赤ちゃん用のおしり拭き、ガーゼハンカチなどが用意されていました。

後は、赤ちゃん用の保湿クリームや粉ミルク、オムツの試供品なども頂きました。

産褥パッドは、出産直後にしか使わないものですし、買い過ぎても他に使う用途が無いので、まずは、病院側が用意してくれるか確認して自分で持参する必要があれば購入するのが良いと思います。

産褥パッドは、子供用品店や大型スーパーやドラッグストアの出産関連のコーナーに売っています。

インターネットでも購入できるので、入院の準備を始めてからの購入で良いと思います。

病院によっては、売店などで販売している場合もあるそうです。

私が思うに、一番大事なものは産褥ショーツではないでしょうか。

「産褥ショーツを購入する必要があるのか?」

という疑問を持つ方も多いようですが、産褥ショーツは、普通のショーツと違いマジックテープで股の部分、または股の部分とサイドが開閉できるので、内診の時にわざわざショーツを脱がなくて良いので非常に便利です。

特に帝王切開を予定している方は、必ず購入したほうが良いと思います。

私は、体格が小柄だったために帝王切開の可能性があったので、股の部分以外にもサイドがマジックテープになっているタイプを購入しました。

出産方法はやはり帝王切開になり、産後立ち上がることが許されるまでは、看護士さんにパッドの交換をして頂いていたので、サイドも開閉できるショーツは非常に便利との事でした。

お世話になる立場だったので、少しでも看護士さんの手を煩わせないように…と思い購入して正解でした。

毎日のように、主治医が手術の縫い目を確認しに来てくれる時にも、痛い場所を触らずにショーツを緩めることができるので便利でした。

産褥ショーツは、少々割高で使用する機会が出産時だけですが、産後は、身動きがしにくいのでトイレに行ってショーツを脱ぐだけでも大変です。

出産で消耗した体をいたわるためにも、なるべく体に負担をかけないで、便利なものを使って過ごせると良いと思います。

著者:Y&Y

年齢:28歳

子どもの年齢:2歳

元気な2歳児のママをしています。毎日、家事と育児で大変です。昨日まで出来なかった事が急にできたりと子供の成長力には驚かされてばかりです。趣味は、在宅ワーク。稼いだお金で子供の洋服やおもちゃを買ってあげることが好きです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

とても座っていられない!数日だけど、絶対必要だったドーナツクッション
これだけはお気に入りを使いたかった!『授乳クッション』は私の戦友
海外からでもお得で便利!期間限定な妊婦用のお買い物は、ネットで見つけたお店で

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP