体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

故郷のように居心地がいい理由がある。わたしが見つけた、フィンランドと日本の共通点

少し前から、日本では北欧ブームですね!私が初めての海外で訪れた国は、フィンランドでした。

その時、初めての海外に興奮しつつも、どこかで来たことのあるような居心地の良さを感じていましたが、その後色々な場面から、フィンランドと日本には共通点がすっごくあることを知りました!

その中でも「だから居心地いいんだ!」とわたしが共感した思った共通点を紹介したいと思います。

 

木の家、木の空間が好き。

271H

photo by GRATISOGRAPHY

ヨーロッパと聞くと、石畳の中に石造りの教会やアパートを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

しかし、フィンランドの人々は木造の家に暮らしています。そして、木の空間がとても好きです。

 

日本で北欧のインテリアが人気なのは、やっぱり同じように木の空間が好きということもあるのかもしれません。

やっぱり、木の温かみを感じる部屋は落ち着く空間で、ヨーロッパ一周をする中で私はフィンランドの部屋が一番ぐっすり眠れました。

 

靴を脱ぐ習慣がある。

XB000044-1560x1068

photo by freemagebank

フィンランドの友人宅に行った時のこと。

他の国と同じように外からそのままリビングに入ろうとしたら、「靴脱がなくちゃ!」と彼女からストップが。彼女の家も、彼女の実家でもそうだったので、これが当たり前なの?と聞くと

「そうだよ。あれ?日本では違うの?」との返答。

靴を脱ぐ文化は日本だけかと思ったら、そうではないんですね。

 

ちなみに、日本の玄関のように段差で切り替えられていたり床が土間になっているのではなく、玄関入ってすぐ、廊下の一部が靴を脱ぐスペースとして使われていました。

 

言葉の発音がそっくり!

kaboompics.com_Closeup portrait of young lady talking on mobile phone

photo by kaboompics

海外に行っていると、「日本語って難しい!」ってよく聞きませんか?

日本語は珍しい部類の言語らしく、似ている言語が少ないと言われているのですが、その中でもフィンランド語と日本語は同じ部類に入ってご存知でしたか?

なので、意味は全く違くても、言葉の発音がとても似ているので、聞き取りやすい!その上、喋りやすいんです!

moi moi(モイモイ:こんにちは)やkiitos(キートス:ありがとう)など、文字もそのまま読めるので、日本人にとって理解し易い言語なんです。

友人の飼っている犬がnamiというのですが、namiはフィンランド語で飴という意味らしいです。日本の「波」とかけてこの名前にしたとの事です。

 

魚を食べる習慣がある。

fish

photo by VisitLakeland

フィンランド料理は昔から魚を食べる文化があります。普段から魚を食べている日本人にとっては当たり前のことですが、実は、肉料理が多いヨーロッパの中ではとっても珍しい事なんです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。