体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キング牧師に学ぶ「当たり前に見えて、ものすごく大切な7つのこと」

生活・趣味
キング牧師に学ぶ「当たり前に見えて、ものすごく大切な7つのこと」 _295020020

アメリカの人種差別撤廃に大きな礎を築いた人物。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)。彼の一連の言動には、「現代のビジネスマンが教訓にすべき姿勢がある」。こう説くのはライター Joseph  Steinberg氏。「Inc.com」で興味深い主張を展開しています。

01.
夢を語っているだけではダメ
即実行に移せる行動力を!

325800014

「I have a dream.(私には夢がある)」
キング牧師を知るなら、間違いなくこの言葉にたどり着くはずです。1963年、彼は歴史的なスピーチの一節で力強く、自らの夢を語りました。

夢の力は無限大です。そして、夢は大きなモチベーションにも。ですが、それは私たちがそれを求め、自ら行動した場合にのみ意味を成すもの。自分の夢をただ望んでいるだけで、努力もせず、いったいどれほどの人が夢を諦めてきたことでしょう。これは、ビジネスシーンにおいても一緒。どれほどの優れた製品が、世の中に出回ることなく埋もれていったか…。発案者ではなく、他人に先を越されてしまうことだって。いったいなぜ?夢を追いかけることにどこかで怖れを抱いていたからでは?

「実現が難しい」「時間がかかる」と否定的に考えた結果、志半ばで挫折してしまった人や企業がどれだけあるでしょう。起業家としてビジネスで成功するためには、夢を実行に移せる行動力を伴っていなければいけないのです。

02.
決して諦めない姿勢が
周囲を動かしていく

339364181

人種差別撤廃をかけて、市民とともに「公民権運動」を敢行した、キング牧師の努力と成功の過程を私たちは知っています。ですが、それは必ずしも簡単なものではなく、幾多の問題や挫折の上に成し遂げられたもの。自由を求め多くの指導者が命を奪われたのも事実。そして、彼自身もまた公民権法が成立して間もなく、凶弾に倒れました。それでも、彼の遺志を継いだ人々は行動を止めなかった。

ほとんどの起業家が、深刻な課題に直面したとき、諦め「タオルを投げる」ことも検討の選択肢に入れるでしょう。失敗で終わることも、自身の成長に欠かせない要素です。けれど、諦めていては最初から何も起こすことはできません。

03.
努力の数よりも
どれだけ懸命になれるか

1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会