ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まるで歌舞伎のミニ舞台?歌舞伎の隈取をネイルにしたアート!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

歌舞伎独特のメイク法をネイルアートに!

前回コラムに続き「歌舞伎シリーズ」ということで、今回は隈取をネイルオブジェで作ってみました。
歌舞伎が気になり出した当初から、一番キャッチーな歌舞伎独特のメイク方法、「隈取」をモチーフにしたネイルを作ってみたい…と考えていて、せっかく作るなら私らしく立体感のあるベースを作り、リアルに描いてみようと挑戦しました。
アクリルで凹凸をつけた白いベースに、ジェルで隈取を描いています。

 

赤はヒーロー、青は悪役…色にも意味があった!

隈取は、昔、今のような照明がない時代でも、観客が一目で登場人物のキャラクターが分かるように、との意味合いもあるようです。
この、歌舞伎独特の骨格や筋肉を強調したメイク方法である隈取。
目の下にできるクマと、隈取の隈は同じもので、デザインは役柄によって何十種類もありますが、全ての役柄に隈取のメイクがされるわけではないそうです。
もちろん色にも意味があり、赤はヒーロー、青は悪役、茶色は化物…を表すそうです。

 

まるで歌舞伎のミニ舞台?!いろんなネイルの楽しみ方

今回のネイルオブジェ、もちろん実際に爪に装着できますが…リアルな分、主に鑑賞用になります。
ほぼ同じ形のベースを用意して隈取を描いたのに、書き終わるとベースまで違う顔に見えてくるから不思議です。
前回コラムでご紹介した、歌舞伎の衣装からヒントを得たネイルと一緒に観賞すると、まるで歌舞伎のミニ舞台があるみたい?! ジャンルの違うものでも、いろんな形で楽しむことができるんですね。
歌舞伎の気分をネイルで味わってもらえたら嬉しいです。
Cool NAILS make you smile!

 

SAYOKO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。