ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲み会を断ったら上司から「是非来て欲しいです」とメール ネットには「俺も働きたくなってきた」と称賛の声も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

会社の飲み会には、どうしても行きたくない――。若手社会人による、こんなネットの書き込みは枚挙に暇がない。しかし飲み会は、若手が懸念する「おじさんの独演会」ばかりではなく、人の集団の結束には必要なイベントもあったりする。

2ちゃんねるには1月26日、会社の飲み会への参加を断ったスレ主のもとに上司から1本のメールが届いたとして、こんな文面がさらされている。

「欠席の連絡、非常に残念です。
新組織の決起会等の、大事な飲み会は是非来てほしいです。
一度考え直してはいかがでしょうか。
宜しくお願いします。」

本人も反省「確かにこれは出席しないといけない飲み会だった」

これが本当に送信されたメールかどうかは定かではないが、部署にとって「大事な飲み会」に来て欲しいと頼む文面から、上司の真摯さが伝わってくる。普段は飲み会をバカにしている他のユーザーも、これには感心しきりだ。

「丁寧なメールだな。これだけである程度はまともな組織だとわかる」
「どこのホワイト企業だよ」
「良い上司に苦労かけんなよ」

中には「俺も働きたくなってきた」と書き込む人まであらわれた。こんな上司の下であれば、自分も成長できるかもしれないと感じたのだろうか。

スレ主は、飲み会があると帰宅時間が遅れるのが嫌なようで、これまで4回連続で誘いを断ってきた。しかし、上司にここまでさせては断れないと思ったようで、「やっぱり行きますメール送ってしまったじゃねーか」と折れてしまったようだ。そして考えをあらため、反省の様子を見せている。

「確かにこれは出席しないといけない飲み会だった」

ネットには「飲み会の誘いを断る」メールの文例は多いが、「飲み会を断られた上司が部下に送るメール」は見られない。時にはこの上司のように、プライドを捨てて再考を促すメールを送ってみてもいいのかもしれない。

あわせてよみたい:「会社の飲み会に参加しないから」という理由で降格ってあり!?
 

CareerConnection 企業インサイダー
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP