ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝ドラで美貌話題の萬田久子 美の師匠・草笛光子の助言

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「芸能人ってなんであんなにきれいに年取るのかしらね」

「っていうか“彼女”ヤバくない? あの手はきれいすぎる」

「美肌だし、髪もツヤツヤ。あれで還暦近いなんて、信じられない」

 1月下旬のある週末の昼下がり。都内のあるサウナで、アラフィフ女性3人がテレビを見ながらおしゃべりに夢中になっていた。

 話題の的は、萬田久子(57才)。NHK連続テレビ小説『あさが来た』で、超イジワルな姑役が大絶賛中の彼女だが、女性視聴者が目を奪われるのは、年齢とともにますます輝くその美貌。

 いったいどうしたらそんなに美しく年を取れるのか? 視聴者のそんな疑問の答えが、『婦人公論』(1月26日号)のインタビューで明かされた。萬田は最近、ある「美の師匠」に仕えているのだという。それが、女優・草笛光子(82才)。

《光子さんとは月に1回くらいお食事をご一緒してるのですが、女性として本当に素敵な方。私もこんなふうに年齢を重ねたい、こんな女優になりたい、と目標になります》

 萬田と草笛は2000年に映画『老親』で共演して以来の交友で、15年経った今も仲良しなんだそう。草笛は傘寿を超えていまだ現役。舞台やミュージカルに出演、衰えのない演技を披露している。

「日本一若い80代」ともいわれる彼女は、こだわりの美容・健康法で知られている。

「快食、快便こそが美の秘訣だという考えで、朝昼晩とよく食べる(笑い)。

 特に腸内の健康を大切にしていて、そんな彼女が欠かさない食材が、焼き芋。食物繊維たっぷりの芋を毎日1本は必ず食べて、お通じをよくするのが美容にも健康にも大切なんだとか」(草笛の知人)

 加えて毎日3kmの散歩とスクワットを中心とした1時間半の筋トレを欠かさず、バランスボールを使った体幹トレーニングも取り入れているという。

「そんな草笛さんにアドバイスをもらって、萬田さんもスクワットをしているそうです。“いつまでもヒールを履いていたいから”って、彼女のスクワットはかなり真剣。最近はそうした筋トレに加えて、空中ヨガや溶岩ヨガもやっているみたい。美は一日にしてならず、ですね」(萬田の知人)

 前述の『婦人公論』で、萬田は恋活を始めたことも告白。草笛流美容法で、新恋人もゲット?

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
萬田久子 10才年下との恋に不安「もてあそばれてるのかな…」
萬田久子 夫の遺品「幻のシャンパン」飲まずに友人にあげる
朝ドラで嫁いびり役を担う萬田久子 視聴者増やすスパイスに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP