ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

総収入15億円の作家が仕事と報酬の内訳を明かした貴重な一冊

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『作家の収支』森博嗣著/幻冬舎新書/821円

 1996年、38才の時に『すべてがFになる』で作家デビューした著者は、約20年で280冊の本を出し15億円の総収入を得た。

 その内訳を、小説は原稿用紙1枚で4000~6000円、単行本の印税は定価の10~12%、印税は本が売れなくても印刷した時点で収入になる、講演会は1時間あたり40万円、ドラマの著作権料は1時間の放映に対して50万円くらい…など赤裸々に語っている。

 ベストセラー作家がどのような仕事で、いくら稼いでいるかがわかる貴重な一冊だ。

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
売れた歌手は儲かる 高橋ジョージの印税収入は全盛期22億円
印税計算方法や編集者とのつきあい方など作家の裏側綴った書
ソチ五輪 放映権料高騰で元取るべく情報番組等で盛んに流す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP