体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

牡蠣だけじゃない!広島・宮島に行ったら立寄りたい!ご当地グルメスポット6選

牡蠣だけじゃない!広島・宮島に行ったら立寄りたい!ご当地グルメスポット6選 まめたぬき

広島・宮島のご当地グルメといえば、なんといっても牡蠣です。冬の時期にはこの場所の牡蠣を食べない手はありません。しかし、それ以外にも美味しいものはたくさんあります。

宮島に出かけるなら、海の幸が豊かなこの場所ならではのお店を是非前もってチェックしておきたいものです。以下では、牡蠣と、牡蠣以外のご当地グルメスポット6選をご紹介します!

1、牡蠣屋

磯の香りがたまらない「牡蠣むすび」

牡蠣屋 ほんのりと磯の香りがただよう「かきむすび」。カキのジューシーなうま味が口いっぱいに広がる牡蠣屋

地御前産カキを使った、シンプルな料理が魅力のカキ料理専門店。牡蠣の煮汁で炊いた炊き込みご飯をおむすびにし、てっぺんにカキの煮付けを添えた「かきむすび」は、見た目もキュートで思わず食べ歩きたくなる一品です。1個からテイクアウトできます。

他にも特選かきフライ、牡蠣グラタン、焼きがき、生がきなどを落ち着いた雰囲気の部屋でゆっくり味わえます。店内の食事もOKです。 牡蠣屋

TEL/0829-44-2747 広島県廿日市市宮島町539

営業時間/10時~18時

定休日/不定

料金/かきむすび1個330円

アクセス/宮島桟橋より徒歩7分 なし

「牡蠣屋」の詳細はこちら

2、宮島の牡蠣くん

串焼きと焼き牡蠣のどちらも味わえるお店

牡蠣くん 一口で4ほおばれないほどの大粒カキ!ソースはバター、醤油、ガーリックなどからお好みの味を選ぼう。牡蠣くん

「牡蠣グラタン」(300円)

大粒カキが4~5個並んで串刺しに!ありそうでなかった、カキの串焼きは宮島発のB級グルメ。このお店ではその串焼きを楽しめます。目の前で焼いてくれるので、アツアツをパクッとほおばりましょう。

トッピングは全15種類という「焼き牡蠣」や「元祖牡蠣グラタン」もぜひお試し下さい。

カキが丸ごと1粒入った、殻付の「牡蠣グラタン」(300円)、ホワイトソースと濃厚なカキの旨みがたまらない一品です。 宮島の牡蠣くん

TEL/0829-44-1992

住所/広島県廿日市市宮島町553-2

営業時間/10時~完売するまで

定休日/ なし 大粒かきの串焼き400円、トッピング焼き牡蠣1個250円

アクセス/宮島桟橋より徒歩3分

「宮島の牡蠣くん」の詳細はこちら

3、かき小屋島田水産

職人こだわりの牡蠣を好きなだけ食べる

かき小屋島田水産

かき小屋島田水産では、300年以上の伝統を受け継ぐカキ生産者が育てたカキが、なんと食べ放題。しかもその日の朝に水揚げされた最高鮮度のカキを、炭火でじゅわっと焼き上げていただきます。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy