体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うどんだけじゃない!最高にうまい!香川の絶品ご当地グルメ6選

うどんだけじゃない!最高にうまい!香川の絶品ご当地グルメ6選 いただきさん

香川県のご当地グルメといってすぐに思い浮かべるのは、うどんです。しかし、実は海にも恵まれた香川県は魚も当然美味しいですし、新鮮だからこその甘みを堪能できます。

そうした最高の素材を使って、香川の人々がもてなしの心をもって作ってくれるグルメには感動さえ感じます。

香川県で行ったなら、是非食べたい絶品のご当地グルメ7つをご紹介しましょう。

1、こんぴらうどん参道店

ご当地グルメの代表選手、うどん

こんぴら

しょうゆうどんに揚げたての天ぷらをプラスして食べるのも◎

表参道の建物は、築100年以上の登録文化財にも指定。「こんぴらうどん参道店」は創業65年の伝統の味!オススメは鰹節をたっぷり盛ったしょうゆうどん(510円)です。よくかき混ぜた麺に絡む、鰹節の旨みにキリッとした醤油がアクセント。素材は厳選した小麦に、こんぴらの水と瀬戸内の塩を使用しています。

麺は手打ちし、夏は細めに、冬は太めにと調整して全てを店で仕上げるそうです。 こんぴらうどん参道店

TEL/0877-73-5785

住所/仲多度郡琴平町810-3

営業時間/8時~17時

定休日/なし

アクセス/JR琴平駅より徒歩10分

駐車場/15台(無料)

「こんぴらうどん参道店」の詳細はこちら

2、平岡精肉店

地元愛され店でグルメも納得!ホクホクコロッケ!

平岡精肉

カリっとした衣にかぶりつけば、しっとりジャガイモに肉汁がじゅわ~

琴平商店街入り口にある精肉店では、注文してから揚げられるコロッケ目当てに訪れる人も多いようです。

マッシュポテトでぎゅっと包まれた下味しっかりのひき肉はボリューム満点!平岡肉コロッケは生で1個130円、揚げたものであれば150円です。

精肉店ならではのジューシーなアツホクコロッケをガブリとかぶりついて堪能しましょう。

平岡精肉 コロッケが揚げられているときの香りに引き寄せられる方も多く、行列ができることもしばしばです。

平岡精肉店

TEL/0877-75-3866

住所/仲多度郡琴平町220

営業時間/8時~18時(揚げ物は9時30分~)

定休日/水(祝日の場合は営業、振替あり)

アクセス/JR琴平駅より徒歩7分

駐車場/周辺有料駐車場あり

「平岡精肉店」の詳細はこちら

3、cafe忠左衛門

小豆島のご当地グルメが食べられる!

中左衛門

オリーブオイルの特製ソースがおいしい「ひしお丼」

オリーブ農園直営のカフェのひしお丼は、毎朝産直市場で仕入る旬の野菜と島の魚をオリーブオイルで調理し、仕上げの小豆島もろみと生姜、オリーブオイルの特製ソースが相性抜群のご当地丼。醤の郷で生まれたご当地丼はオリーブオイルで頂きます。

約400年の歴史ある小豆島の手作り醤油のもろみを使い、自慢のオリーブオイルで整えた特製ソースはオリーブオイルと生姜の香りが決め手です。ひしお丼は820円、セット1230円。 cafe忠左衛門

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy