体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界44ヵ国を旅したわたしが、生死をさまようトラブルを解決させた3つの方法

旅にトラブルは付き物です。誰しも予期せぬトラブルや失敗を経験しているだろうし、これから旅に出る人はそれが心配だったりしますよね。

世界44ヵ国を回ってきた私の失敗は数知れません!もともととても適当な人間で細かいことを気にしないので、なんとかなる!で失敗を切り抜けてきました。

そんな私の3つの失敗と、それを切り抜けた方法をご紹介します!

 

ビザ?そんなの届きましたっけ?

39568_451629016640_7391939_n

Photo by Ayumi Hara

2009年10月、翌年のバンクーバーオリンピックを見たくて私はカナダへワーキングホリデーに行くことにしました。

オーストラリアでのワーホリを経験済みなので、今回はチケットもビザも全て自分で手配しました。完璧!私もやれば出来るじゃん!と思いながら、母と成田空港へ向かい2時間前にチェックインカウンターへ。

 

 

パスポートを見たお姉さんは笑顔で私に言いました。

「ワーキングホリデーのビザの書類はお持ちですか?」

「…ビザ…ですか?」全く何のことか分からずポカーンとしていると、「はい、オンライン申請をしていれば、ご自宅に茶封筒でビザが届いていると思うんですが」。

 

10秒ほど頭が真っ白になり、はっと思い出しました。確か、めでたい1月1日にGovernment of Canadaという茶封筒が届いていた!

実は私、封筒が届いたことでビザが取れたと安心して、開封すらしていなかったのです。もう家に帰っている時間はない…考えた結果。

 

こうやって切り抜けた!

「大丈夫です!とりあえず行ってみます!だめなら帰ってきます!」と無理やり説得。

いや、何が大丈夫だって話なんですが、不安そうなお姉さんと母を横目に、なんとかなると思っていた私は無事に飛行機に乗らせてもらえました。

 

バンクーバー空港に着き、ビザをもらうカウンターに並ぶと、運悪く私の番で身長2mくらいでもありそうな強面の黒人の男性スタッフでした。

「ビザを自宅に忘れてきたんですけど、来ました」と言うと、「は?(笑)きみ、何しに来たの?そんな人初めてだよ!」と周りのスタッフを交えて爆笑し、ニヤニヤしながら何やら相談。

私もつられて爆笑すると、「You crazyだからいいよ。次来るときは忘れるなよ!」と言ってくれて、無事に入国して1年間滞在することができました。

とりあえずダメ元でもやってみる!というのはとても大切なことです。でも、パスポートや航空券などの持ち物のチェックはやっぱり入念にしましょう!

 

やっぱり涙は女の武器!?

画像 060

Photo by Ayumi Hara

画像 189
1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。