ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界44ヵ国を旅したわたしが、生死をさまようトラブルを解決させた3つの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅にトラブルは付き物です。誰しも予期せぬトラブルや失敗を経験しているだろうし、これから旅に出る人はそれが心配だったりしますよね。

世界44ヵ国を回ってきた私の失敗は数知れません!もともととても適当な人間で細かいことを気にしないので、なんとかなる!で失敗を切り抜けてきました。

そんな私の3つの失敗と、それを切り抜けた方法をご紹介します!

 

ビザ?そんなの届きましたっけ?

Photo by Ayumi Hara

2009年10月、翌年のバンクーバーオリンピックを見たくて私はカナダへワーキングホリデーに行くことにしました。

オーストラリアでのワーホリを経験済みなので、今回はチケットもビザも全て自分で手配しました。完璧!私もやれば出来るじゃん!と思いながら、母と成田空港へ向かい2時間前にチェックインカウンターへ。

 

 

パスポートを見たお姉さんは笑顔で私に言いました。

「ワーキングホリデーのビザの書類はお持ちですか?」

「…ビザ…ですか?」全く何のことか分からずポカーンとしていると、「はい、オンライン申請をしていれば、ご自宅に茶封筒でビザが届いていると思うんですが」。

 

10秒ほど頭が真っ白になり、はっと思い出しました。確か、めでたい1月1日にGovernment of Canadaという茶封筒が届いていた!

実は私、封筒が届いたことでビザが取れたと安心して、開封すらしていなかったのです。もう家に帰っている時間はない…考えた結果。

 

こうやって切り抜けた!

「大丈夫です!とりあえず行ってみます!だめなら帰ってきます!」と無理やり説得。

いや、何が大丈夫だって話なんですが、不安そうなお姉さんと母を横目に、なんとかなると思っていた私は無事に飛行機に乗らせてもらえました。

 

バンクーバー空港に着き、ビザをもらうカウンターに並ぶと、運悪く私の番で身長2mくらいでもありそうな強面の黒人の男性スタッフでした。

「ビザを自宅に忘れてきたんですけど、来ました」と言うと、「は?(笑)きみ、何しに来たの?そんな人初めてだよ!」と周りのスタッフを交えて爆笑し、ニヤニヤしながら何やら相談。

私もつられて爆笑すると、「You crazyだからいいよ。次来るときは忘れるなよ!」と言ってくれて、無事に入国して1年間滞在することができました。

とりあえずダメ元でもやってみる!というのはとても大切なことです。でも、パスポートや航空券などの持ち物のチェックはやっぱり入念にしましょう!

 

やっぱり涙は女の武器!?

Photo by Ayumi Hara

Photo by Ayumi Hara

2008年に私は2ヶ月間のニュージーランド一周のバックパッカー旅をしていました。2年間のオーストラリアのワーキングホリデーを終えて、その貯めたお金でする自由気ままな旅でした。

当時まだ海外キャッシングなどを知らなかった私は、オーストラリアで現金を全ておろして、それを小分けにして持ち歩く方法をしていました。

 

帰国まであと10日、北島にあるロトルアという町の安宿で朝起きると、1番大金を入れていたお財布が見当たらない!いたはずのルームメイト2人はすでにチェックアウト済み!

残っていた私の全財産は日本円で約2000円ほどでした。どうやっても成田行きの飛行機に乗るオークランドまで行くことができない=帰国できない!20歳の私は大パニックでした。

落ち着くためにホットミルクを飲みながら考えた結果。

 

こうやって切り抜けた!

現地の銀行で口座をつくって、大至急で母に送金してもらうしかない!短期旅行者でそんな即日で口座開設ができるか不安だったけど、なんとかなるでしょ!と現地のANZ銀行へ。

運よく若い優しそうな男性スタッフに当たり、片言英語で状況を説明しました。必死だったのと、安心感からか、涙がこぼれる寸前で一生懸命話しました。

 

すると、彼は一瞬で同情してくれて、手数料や年会費などは全て無し、翌日母から送られてきたお金を確認すると即座に解約をしてくれました。そして帰り際に笑顔で”Have a great trip!”という神対応!

無事に残りの10日間を旅し、日本への帰国便に乗ることができました。

やはり現金の他に、クレジットカードやキャッシングカードを持っているほうが安心ですね!

 

自分の冷静さに正直びっくり!

Photo by Ayumi Hara

2014年4月、私は世界一周の真っ只中でちょうど南米からスペインへ飛びました。

久しぶりのヨーロッパの綺麗な街並みや世界遺産に感動しながら、マドリッドから初めてのポルトガルへ向かう日の朝。

私は背中には55リットルのバックパック、前にはパソコンやカメラなどの入ったリュックを持ち、バスターミナルへ向かうために地下鉄の駅にいました。

 

 

電車がホームに入り、ドアが閉まる瞬間!顔も見えないほどの長身の男性3人が私を押し込んで乗ってきました。

ドアが閉まり、気付くと私はその3人に周囲をがっちり固められていたのです。手すら動かせないほどピッタリくっついていて、一瞬で何かされると悟りました。

でも貴重品の入ったリュックはロックかけているし、後ろのバックパックは最悪どうにかなっても殺されなければ・・と思っていると、私の降りる駅で反対側のドアが開きました。

思い切って体を振り切ると、1人の手が私の目の前のリュックを開けていて、中から1番上にあったカメラバッグを取っていたのです!

 

何事か分からず、全てがスローモーションに見えていると、彼らは余裕で私のカメラバッグを振り回しながら電車を降りて行きました。

私は状況を理解できず、助けを求めることも出来ず、恐怖で腰が抜けて座り込んでしまいました。

 

こうやって切り抜けた!

一駅の間、放心状態で座り込んでいましたが、ふと我に返り電車を降りて反対方面行きの電車に乗りました。

とりあえず警察に行って、マドリッドにいるうちに保険の請求に必要な書類を書いてもらわなきゃ。運よくマドリッドのバスターミナルには警察署があり、そこで状況を説明。

 

そして「あと40分後のポルトガル行きのバスに乗らなきゃいけないので、それまでに出来ますか?」と言う自分の冷静さに驚きました。

とても親切で優しい警察官は20分ほどで書類を書いてくれて、もう1人は飲み物を買ってきてくれて、無事にポルトガルへ行けて、保険金の請求をすることができました。

 

ただ、数日分の写真データを失ったショックと、人混み恐怖症はしばらく抜けませんでした。パリやマドリッドやローマなどでは代表的な犯罪の手口なので気をつけましょう!

 

注意は必要!でもトラブルで強くなれる!

こうゆうトラブルの話をすると「よくそんな平然と話せるねー」と言われますが、トラブルは人を強くします(笑)

これ以外にもたくさんのトラブルを経験しました。もちろんその瞬間は落ち込むし、泣くこともありますが、それがあってこそのバックパッカー旅だと思います!

でも中には命に関わることも起こるかもしれないので、自分は海外にいるという自覚と、自分の身は自分でしか守れないという感覚は常に持っていましょう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP