体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“鯛”や“サンマ”も!あのリアルすぎる“干物ポーチ”に新作が登場

生活・趣味
tokyo kitsch

昨年ヒットした「歌舞伎保湿パック」“富士山モチーフのグッズ”など、近年海外でも人気の“クールジャパン”的グッズ。

日本独自の文化や食材をユニークなセンスでアレンジしたグッズを、このサイトでもいくつか取り上げてきましたが、今回はそのなかから新作が登場したこちらをご紹介!

ジッパーを開けるとアジの開きになる「アジなケース」に続き発売されたのは、新しい年の幕開けにぴったりなその名も「めで鯛ケース」

tokyo kitsch

どこから見ても“鯛”

見ているだけでごはん3杯はいけそうな、いい塩梅に焼けた“鯛の開き”をポーチにしています。

もちろん本物ではありませんが、表の鯛プリントもリアルで何だか高級な感じがします。

tokyo kitsch

ジッパーも2色から選択可能

tokyo kitsch tokyo kitsch

「めで鯛ケース」は1つ2551円で、東京キッチュのサイトから購入可能。

サイズは縦8×横28cm。

このほか、同サイトでは同じく新柄の「サンマさんケース」や、まん丸お目目がキュートな「きんめちゃんケース」も発売中です。

tokyo kitch
1 2次のページ
生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会