ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪女演じた菜々緒 JKの「ハンパねぇ!」に心の中で快哉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 初回視聴率14.3%と好発進したKAT-TUNの亀梨和也主演ドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系毎週土曜 よる9時~)が話題になっている。雑誌記者、天才ハッカーらが登場する中、これまでのイメージを覆し、新たな“顔”を魅せるのは新人刑事・霧島さくら役の菜々緒(27才)だ。

「今回、初めて刑事役を演じていますが、ちょっと前まで超極悪女(笑い)やサイコパス役が続いたから、真逆のタイプになるわけです。刑事役のさくらはまっとうな人生を送っているフツーの女性だから、演じていると不思議な気がしました(笑い)。私にとっては新鮮な気持ちと新たな挑戦を楽しんでいます」

 昨年、ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)の悪女・橘カラ役で、子供からお年寄りまでが恐怖に震撼したほどの存在感を示した。悪女イメージの定着があることにどう感じているのか。

「当時、JK(女子高校生)たちの間で《菜々緒の悪女役はハンパねえ、怖すぎる! 怒らせたら刺されんじゃね?》と本当に怯えているという話を友人から聞いたとき、思わず、心の中で“やった!”って叫んだんです。悪女=菜々緒という役者の引き出しがひとつ増えたから、本当にうれしくて、泣きそうになりました」

 そんな彼女は、映画『さらば あぶない刑事』(1月30日公開)で、ダンディー鷹山(舘ひろし)の婚約者、元外交官の浜辺夏海役を演じている。

「いきなり鷹山さん(舘)の婚約者という高いハードルの大役に、大人の女とは? どんな恋人がふさわしいのかと戸惑ってしまい、現場でガチガチに緊張しちゃいました。すると『いいんだよ、自分のやりたいようにやりなさい』(舘)と優しくアドバイスをくださって。ふっと肩の力が抜けて、思うような演技ができました」

撮影■浅野剛

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
これぞ魔性の色香 菜々緒の「進化する美脚」完全撮り下ろし
菜々緒演じるツンデレ乙姫様 CMのままの衣装でにっこり微笑む
ドラマを観て菜々緒ファンになった女子大生「女優魂を感じた」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP