ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』ミラノ万博限定メニューがついに日本に凱旋上陸!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハンバーガーといえば米国食の定番だが、モスバーガーは日本生まれのハンバーガーチェーン。昨年開催されたイタリア・ミラノ万博では、”日本食のお店”として登場! そこでミラノっ子を夢中にさせた『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』(税込400円)が2/9より日本に上陸! 3月下旬までの期間限定商品だから、真っ先に食べにいこう。

人気の「ライスバーガー」全商品でライス量20%増量!

モスの「ライスバーガー」とは、その名の通りお米を使ったバーガーのこと。パンの代わりに、香ばしい焼きおにぎり風のライスプレートで具材を挟み込むのが特徴的。お米本来のおいしさを生かしたまま、手軽に食べられるバーガーとして老若男女から支持を得ている。

 

そんなライスバーガーは、2/9(火)より新たに加わる『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』と、かつて人気を集めた「モスライスバーガー<焼肉>」の復活で、「彩り野菜のきんぴら 国産野菜使用」「海鮮かきあげ<塩だれ>」朝モス限定「朝御前<たまご 旨だし醤油ソース>」という計5品のバリエーションが揃うこととなる。そしてそのすべてで、従来のライスバーガーよりも20%ライス増量というサプライズ付き!

 

『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』プリプリの鶏もも肉を直火焼で!

『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』の魅力は、日本生まれのテリヤキソースと直火焼で仕上げた鶏もも肉の芳ばしさ。鶏もも肉(一枚肉)を直火焼で余分な脂を落とし、醤油ベースのテリヤキチキンソースに絡めてさらに二度焼き。パリパリっとした皮の芳ばしさ、ジューシーな肉汁を堪能できるライスバーガーだ。また、瑞々しいグリーンリーフとオニオンスライスの食感、そしてマヨネーズの甘さがベストマッチ。これは食べないわけにはいかない。

 

同じく2/9(火)より終日メニュー化する「豚汁」(税込290円)と共に、現代和食の美味さを味わおう。 2/9(火)は『モスライスバーガー<とりの照り焼き>』を求めて、全国のモスバーガー(一部店舗のぞく)へGO!

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP