ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バイオウェアラブルに新たな光!生体情報を皮膚から取得する電子タトゥーが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫
techtats_1

テキサスをベースに活動するハイテク・デザイン会社、Chaotic Moon から、最新プロジェクトの情報が入った。皮膚の上に直接貼りつけて作動させる、タトゥー式のバイオウェアラブルを開発中だという。

製品名は、「Tech Tats」。極薄の電子回路と導電塗料で構成されたそれは、皮膚に装着することで、着用者の生体情報を直接モニターできるようになっている。文字通り、電子タトゥーというわけだ。

・微細な体の変化も正確に計測

techtats_2

同社では、製品用途の事例を挙げたプロモーションビデオを公開。これを見るかぎり、さまざまな使い方が期待できそうだ。

まず、医療での活用。発熱など病気のサインも、簡単かつ正確に計測。皮膚を介して、体の微細な情報をモバイルに送信。わずかな変化も、見逃さずにすむ。手術後の患者の体調管理にも、大いに役立つだろう。

・カードや通帳の代わりになる?

techtats_3

開発元が最も期待するのは、金融業界への導入。

通帳もカードも、もういらない。必要な情報はすべて、「Tech Tats」から取得。支払いや預金も、楽々。うっかり忘れることもないし、第3者による不正な現金引き出しも回避できる。なにしろ、肌に直接装着しているのだから。

現在はプロトタイプの段階で、商品として陽の目を見るのは、まだまだ先の話。発展途上にあるバイオウェアラブルジャンルに、どんな影響をもたらすか、今後の動向に注目したい。

Tech Tats

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。