ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初めての妊娠は流産…5週しか一緒に居られなかったのに、自分でも驚くほどの悲しさ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めての妊娠は、流産に終わってしまいました。

流産したのは、妊娠発覚からわずか1週間後、妊娠6週の時でした。

その前から、うっすら出血していたものの、お医者さんには大丈夫と言われていました。

しかし、ある日夜中にトイレに行ったら、鮮血の出血!

それも大量でした。

量でいうと、生理2日目くらいの量です。

私はパニックになり、泣いてしまいました。

夫にいいましたが、

「お医者さんが大丈夫と言っていたなら心配しなくても」

と言うし、私も、夜中で病院が開いていないこともあり、その時は不安ながらに寝ました。

でも、明け方4時頃目覚めた時、腹痛に加えて出血も止まらず、これはさすがに変だと思い、相談ダイヤルへ電話し、総合病院への診察を依頼しました。

そしてタクシーで病院へ向かうと、診療時間外でしたが、夜勤明けの先生に救急扱いで診てもらいました。

すると

「流産しかけている」

とのこと…。

私も血の量から予想がついていたので、やっぱりか…と落ち込みました。

安静にしているしか方法はないと言われ、車椅子で病室へ移動し、そのまま入院することになり、入院中は祈るような気持ちで過ごしました。

夫は、私の着替えを取りに行ってくれたり、本を持ってきてくれました。

でも、残念ながらその日の昼、流産してしまいました。

流産した瞬間は、自分でもわかりました。

小さい塊が落ちたのがわかり、エコーで子宮を診てもらったら、もうそこには居ませんでした。

その日は、涙が一日中止まりませんでした。

産科だったので、同じフロアから赤ちゃんの声が聞こえてくるのが本当に辛くて、胸が痛くて、耳を塞ぎたかったです。

たった5週しか一緒に居られなかったのに、我が子が居なくなるのはこんなに悲しいのかと自分でもびっくりするくらいで、地球がひっくり返ったような悲しさでした。

退院しても、しばらくは悲しい気持ちをひきずっていました。

仕事に戻り、徐々に心も癒えていきました。

この時は、仕事をしていて良かったなと思いました。

今でも思い出すと心が痛みますが、その後授かった我が子は、現在8か月となりすくすくと育ってくれています。

悲しい体験でしたが、その分、今精一杯我が子を愛してあげようと思っています。

著者:なみ

年齢:28歳

子どもの年齢:8か月

こんにちは。最近はベビーヨガを始めました。初めての子育てを楽しんでいます。よろしくお願いいたします。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

6週目で出血。心拍を確認するも、次の検診で赤ちゃんはもう動いていなかった
【一般投稿】【格上げ】6週目で出血。心拍を確認するも、次の検診で赤ちゃんはもう動いていなかった。
「特殊な流産」、そして1年間の妊娠禁止…胞状奇胎の処置とその後

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP