ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【岐阜】雪遊びができる!子どもが喜ぶゲレンデ・スキー場8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

雪遊び、ウィンタースポーツもいよいよ本格シーズンが到来しました。スキーに出かけたい、でも子どもと一緒だと場所をどうしても選んでしまう、というのも事実、頭を悩ませている人も少なくないことでしょう。

そんな方々のために、岐阜県で雪遊びができるゲレンデを一挙8つご紹介します。お子さんと一緒に今年の冬を満喫しましょう。

1.ウイングヒルズ白鳥リゾート【郡上】

雪遊び、グルメ、美肌湯を満喫。

4歳から受講できるスクールで楽しく上達!

ウイングヒルズ白鳥リゾートは、初級者も上級者も楽しいスキー場です。家族連れにも嬉しいキャンペーンがあり、1~3月の第3週末は「こどもの日」で、小学生以下はリフト券無料。

また、雪だるまコンテストや雪上宝さがしなど、親子参加型イベントも開催。メニュー豊富なレストランや美肌湯の温泉施設も完備、スキー以外の楽しみも充実しています。

「3回来たら1回タダ」キャンペーンはお得かも! ウイングヒルズ白鳥リゾート

シーズン/2016年4月中旬まで(予定)

TEL/0575-86-3518

住所/郡上市白鳥町石徹白峠山1-1

営業時間/8時~16時30分(時期で変動)

リフト1日券/大人4700円、小人1000円

アクセス/東海北陸道白鳥IC・高鷲ICより30分

駐車場/1800台(平日無料、土日祝・12/29~1/3は1000円)

「ウイングヒルズ白鳥リゾート」の詳細はこちら

2.ホワイトピアたかす【郡上】

雪遊びも本格スキーもどちらも満喫できるスキー場。

専用ネットで囲まれたソリ専用ゲレンデのキッズピア、動く歩道のあるレッツピア

13本の多彩なコースが人気で、本格スキーも楽しめるスキー場。子どもはふわふわエアードームのあるソリ専用ゲレンデ「キッズピア」と「レッツピア」でいっぱい遊んじゃいましょう。

小学生限定「ホワイトピアJr.クラブ」は、子どもリフト券半額、レンタル半額、大浴場半額、スクール10%OFFなど特典満載!1シーズン有効でなんと500円。

センターハウス3階には大浴場を完備しています。センターハウス3階には大浴場を完備 ホワイトピアたかす

シーズン/2016年3月27日まで

TEL/0575-72-6311

住所/郡上市高鷲町鷲見512

営業時間/8時~16時30分(3/6までの土日祝5時~18時)

料金/単独リフト1日券大人4100円、小人2000円

アクセス/東海北陸道ひるがの高原SAスマートICより8分※ETC専用

駐車場/2000台(1000円)

「ホワイトピアたかす」の詳細はこちら

3.鷲ヶ岳スキー場【郡上】

クレヨンしんちゃんと楽しめるスキー場。

「パンダルマン冒険広場(入場料600円)」でそり遊び!今シーズンはホワイトピアたかすとの相互乗り入れが実現

このスキー場は子ども向けの施設、イベントが充実していて、家族連れには嬉しいスポット。ちびっ子スキー練習場「パンダルマン冒険広場」ではかわいいパンダに癒されながら雪遊びができます。

また屋内外の特設ゲレンデを使った「クレヨンしんちゃんキッズスクール」が開校。スキー嫌いになる7つのワケを克服し、初めてでもグングン上達できるはずです。月曜は女性入場無料で、ママに嬉しいサービス実施中。お風呂は露天風呂もある 鷲ヶ岳(わしがたけ)スキー場

シーズン/2016年4月3日まで

TEL/0575-72-5105

住所/郡上市高鷲町大鷲3250

営業時間/8時~16時30分(時期で変動)

料金/リフト1日券大人4300円、小人2000円

アクセス/東海北陸道高鷲ICより3分

駐車場/3000台(1000円)

※女性入場無料の月曜「レディーズデー」は1/11・3/21を除く

「鷲ヶ岳スキー場」の詳細はこちら

4.ひるがの高原スキー場【郡上】

インターが近くてイベントが充実しているスキー場。

キッズイベントで大コーフン!ドキドキのロングそりコース

ひるがの高原スキー場にあるロングそりコースの「ひるがもキッズランド」や、土日祝のスノーラフティングは子ども達に大人気。インターから5分と、アクセス便利なのも嬉しいポイントです。

毎週土日は「キッズイベント」を開催。ソリ大会や親子競技など、先着60名まで無料のイベントへ参加してみましょう。3月の毎週土曜は、もちつき&ぜんざいサービスもあります。 ひるがの高原スキー場

シーズン/2016年3月27日まで

TEL/0575-73-2311

住所/郡上市高鷲町ひるがの

営業時間/8時~16時30分

料金/リフト1日券大人4000円、小人2600円

アクセス/東海北陸道ひるがの高原SAスマートICより5分※ETC専用

駐車場/600台(1000円)

「ひるがの高原スキー場」の詳細はこちら

5.ダイナランド【郡上】

イルミと雪遊びで1日遊べるスキー場。

そり遊びも楽しめるちびっこ広場

全20コースを誇るBIGゲレンデが魅力のスキー場。ネットで仕切られたキッズパークはファミリーも安心して滑ることができます。

また1・2月の第2・4土曜日は花火も打ち上げられるので、タイミングを合わせて家族旅行を計画するのも良いですね。

今シーズンは毎日23時まで滑れる「ヨルダイナ」ゲレンデに、「ゲレンデイルミネーション」が新登場、約30万球ものLEDが輝く光の世界は、きっと子どもの思い出に残るはずです。

ゲレンデイルミネーションは必見

ダイナランド

シーズン/2016年4月3日まで(予定)

TEL/0575-72-6636

住所/郡上市高鷲町西洞3035-2

営業時間/8時~16時30分(土日祝、1/1は7時~、その他年末年始は5時~)

料金/リフト1日券大人4900円、小人2000円

アクセス/東海北陸道高鷲ICより10分

駐車場/2000台(1000円)

「ダイナランド」の詳細はこちら

6.高鷲スノーパーク【郡上】

ウルトラマンとコラボしたスキー場。

ドームベルト完備でそり遊びも楽々だよ!

高鷲スノーパークの魅力は初心者から上級者まで楽しい、西日本最大級のビッグゲレンデ。また、キッズ向けの施設やイベントも充実しており、キッズパークはドームベルトを完備。室内の無料キッズスペースもあるから便利です。

今期はウルトラマンとコラボし、ウルトラマンをイメージしたプレミアムゴンドラが出現中です。ゲレンデでポイントにスマホをかざせば怪獣が現れてドキドキ!ゲレンデでも室内でも遊べるからキッズも楽しい! 高鷲スノーパーク

シーズン/2016年4月中旬まで

TEL/0575-72-7000

住所/郡上市高鷲町西洞3086-1

営業時間/8時~16時30分(土日祝・年末年始は7時30分~)

料金/リフト1日券大人4900円、小人2000円

アクセス/東海北陸道高鷲ICより10分

駐車場/3000台(1000円)

「高鷲スノーパーク」の詳細はこちら

7.チャオ御岳スノーリゾート【高山】

ふかふかの雪が魅力のスキー場。

目の前に乗鞍岳を望む景色もグッド!

そりやチューブが使い放題のキッズパーク

チャオ御岳スノーリゾートは乗鞍岳を望む標高2190mにあり、雪質は最高の天然パウダー。ソリやチューブで遊べるキッズパークや屋内キッズスペースも完備しています。

ゴンドラとリフトはいつでも小学生以下無料、リフト券に2000円分の食事券やレンタルセット半額券が付いたファミリーパックも販売するなど数々の特典があります。木曜は女性もリフト無料なのも要チェックです。 チャオ御岳スノーリゾート

シーズン/2016年5月15日まで(予定)

TEL/0577-59-3620

住所/高山市高根町日和田1739-1

営業時間/8時30分~16時

料金/リフト1日券大人3900円、子ども(小学生以下)は無料

アクセス/中部縦貫道高山ICより1時間30分

駐車場/1800台

「チャオ御岳スノーリゾート」の詳細はこちら

8.飛騨ほおのき平スキー場【高山】

温泉もゆるりと楽しめるスキー場。

ダイナミックに滑れる奥飛騨のゲレンデで極上のパウダースノーを満喫!

モンスターチュービングに親子でチャレンジだ~!

飛騨ほおのき平スキー場の特徴は、コースバリエーション豊富なことです。また、イベントや施設も充実しており、キッズパーク「小次郎ランド」でモンスターチュービングに挑戦できます。

温泉施設もゲレンデ前にあり、冷えた体に嬉しいですね。もちつきやビンゴ大会などのある「ウインターカーニバル」など、スキー場オープン期間中は毎月「感謝デー」が行われ賑やかになるので、行く前にチェックしておきましょう。 飛騨ほおのき平スキー場

シーズン/2016年3月31日まで

TEL/0577-79-2244

住所/高山市丹生川町久手447

営業時間/8時~17時※天候により変動あり

料金/リフト1日券大人3100円、小人2300円(土日祝・年末年始大人3900円、小人2800円)

アクセス/中部縦貫道高山ICより45分

駐車場/1500台

「飛騨ほおのき平スキー場」の詳細はこちら

まとめ

子どもと一緒に楽しく雪遊びができる施設、イベントを備えた岐阜のスキー場を8つご紹介しました。この冬、家族で最高の思い出を岐阜のスキー場で作りましょう。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

人気温泉地ランキング関東編、栄えある第一位!箱根温泉のすすめ
【日光】3500個ものキャンドルで夢心地♪ 幻想的冬景色を楽しむ日光観光プラン!
年末年始の旅行トレンドにみるイマドキ旅

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP