体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体験レポ】『残穢』の怪死事件を自ら調査せよ! ホテルを舞台にしたホラー謎解きイベント『残穢 -泊まってはいけない宿-』[ホラー通信]

zane_sign

中村義洋監督が手掛けるじっとりと怖いホラー『【残穢】-住んではいけない部屋-』が1月30日より公開された。怪談のライターである主人公が「住んでいるマンションで奇妙な音がする」という相談を受け、その原因を調査していくうちに、そのマンションが建つ“土地”で起こり続けてきた恐ろしい事件の連鎖に引きずり込まれていく物語だ。

そんな今作の主人公よろしく、“恐ろしい事件の連鎖”を自ら調査することができるホラー謎解きイベント『残穢 -泊まってはいけない宿-』がスタートしている。会場は秋葉原ワシントンホテル。そう、事件はホテルの一室で起こっているのだ。『ホラー通信』スタッフでこの謎解きを実際に体験してきたので、レポートをご覧いただきたい。

すべての画像が表示されない方はこちら

<※ネタバレを防ぐため、この記事の画像には一部モザイクをかけています>

zane_start

初日の初回であるこの日、チケットは完売しており、ホテルのロビーには勇気ある沢山の参加者が集まった。

zane_note

参加者はオカルト雑誌のライターに扮し、「泊まっているホテルが、どうやら“いわくつき”なんです…」という相談を受け、“取材”という名目でそのホテルを調査する。4人で1チームを組み、協力して謎を解いていくのだ。時間制限は60分

zane_number

謎解きの主な舞台となるのが客室の一室だ。ホテルの調査を依頼してきた人間は、恐ろしいことに行方をくらましてしまっていた。最初の謎を解いてカードキーを入手し、彼の客室に残る証拠品を調査していく。

zane_room

数々の謎をとき、事件の情報が隠されている鍵付きの金庫やバッグなどを開封していく。解くべき謎の数は多いため、チームで手分けして確実にひとつひとつの謎を解いていくといいだろう。誰かの回答が間違っていると延々と謎が解けないことにもなるのだが、仲間割れするのはやめような!

zane_key

謎を解くたびに、このホテルのみならず、この“土地”で様々な怪死事件が起こっていたことが分かっていく。ひとつの恐ろしい事件から、芋づる式に数々の恐ろしい事件が明らかになっていく設定は映画版『残穢』と同じであり、まさしく映画の主人公の気分を味わえる。

そして、それと同時に、こんな恐ろしい事件を調査しているのがどんどん怖くなっていく……。

zane_video
1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会