体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初のヨーロッパ家族旅行はロンドンがおすすめ!子供達と過ごす3日間

小日向 ひよこ「ミュージカルを満喫♪イギリス・ロンドンで過ごす6日間」

小日向 ひよこ「ミュージカルを満喫♪イギリス・ロンドンで過ごす6日間

ロンドンは初めてのヨーロッパ家族旅行にぴったりの旅行先です。なぜなら英語が通じて、公園がたくさんあって、新しいプリンセスが誕生したおかげで国全体が赤ちゃんに夢中になっているからです。では、ロンドンでのおすすめの過ごし方を紹介します。

1日目:ロイヤルロンドン

changing+of+the+guard-compressor Orangery+Kensington Diana+playground

ホテルに荷物を置いて、メイフェアーにあるウォルズリーでゆっくりと朝食をとりながら、長時間のフライトで疲れた身体を癒しましょう。ママとパパが十分にカフェインを摂り、子供達に世界一のホットチョコレートをおねだりされた後に、グリーンパークからバッキンガム宮殿までお散歩。

バッキンガム宮殿では、11:15から衛兵交代が行われます。この時間は混雑が予想されるので、衛兵交代が終わったら、あまり知られていない(でも私たちのお気に入りのひとつの)観光スポット、ロイヤルミューズへ逃げ込みましょう。道を下った先にある多くの観光客が見逃しがちなこの場所には、女王の馬と馬車が保管されています。

オーディオガイドは大人用と子供用が用意されているので安心。子供用オーディオガイドの内容は、馬屋の真上にあるアパートで育った馬屋の主人の息子という架空の人物がナレーションを務めるなど、ユニークな設定で子供を飽きさせません。

昼寝の必要がなければ、52番バス(もちろん二階建て!)に乗り込み、ハイドパークの南側を通ってケンジントン宮殿へ。隣にあるThe Orangeryは外でランチを食べるのに最高のスポットです。そして、ジョージ王子の家のパブリックエリアを見て回りましょう。

Context Travelがここで素晴らしいプライベートガイドを提供してくれます。私の子供達は、いまだにトイレで死んだ王様のお話をしているほど興味深々でした。でももし子供達が時差ボケで長い歴史のお話に耳を傾けられないようであれば、ただ歩き回るだけでも楽しめます。

ここの庭園は美しく、宮殿の中には子供達が座ることもできる、若かりしビクトリア女王が王位継承を告げられた椅子があります。また、当時の衣装を試着できたり、ビクトリア女王の子供達が遊んだおもちゃを見たり…。十分楽しんだ後は、近くのダイアナ妃記念公園に立ち寄って巨大な海賊船によじ登ったり、サーペンタインギャラリーの列に並んでみたりするのもいいかもしれません。

この日は早めの夕食がおすすめ。メイフェアーの高級地区にあるCecconi’sのイタリアンは絶品です。そしてフライトの疲れを癒すために、早めに眠りにつきましょう。

2日目:サウスバンク

shutterstock_93245923-compressor afternoon+tea-compressor shutterstock_222417766-compressor
1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会