体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

九州の人気温泉地ランク7位!雲仙温泉で実力派温泉とレトロを楽しむコース

九州の人気温泉地ランク7位!雲仙温泉で実力派温泉とレトロを楽しむコース おもちゃ博物館

外国人の避暑地として知られていたため、たくさんのヨーロッパ風の建物が立ち並ぶ雲仙。また周りには高い山、四季折々の花々など、自然を愛でることができる場所としても知られています。

そしてもちろん、雲仙といえば雲仙地獄を忘れるわけにはいきません。多くの魅力が詰まった雲仙を満喫できるコースをご紹介しましょう。

雲仙温泉満喫ドライブコース

おもちゃ博物館

↓車で1分

雲仙地獄

↓車で1分

雲仙ビードロ美術館

絹笠食堂

湯の里温泉共同浴場

↓車で1分

遠江屋本舗

1、おもちゃ博物館

雲仙で昭和へタイムスリップ!

おもちゃ博物館1階のレトロなおもちゃ屋さん。所狭しとおもちゃが並ぶ おもちゃ博物館 外観もノスタルジックな雰囲気

ノスタルジックな外観に引き寄せられ、建物に入ると、くじ引きのお菓子、お面、メンコなど、昭和のおもちゃがズラリと並んでいるのに気付きます。1階は懐かしいおもちゃ約2000種類を販売、2階は展示スペースで、約5000点を展示してあります。

レアなお宝を発見できるかもしれません。おもちゃファンの方は必見です! おもちゃ博物館

TEL/0957-73-3441

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙310

営業時間/9時~19時

定休日/不定※年末年始の休みは要確認

入館料/中学生以上200円

駐車場/3台

2、雲仙地獄

雲仙といえばココ!

雲仙地獄 大叫喚地獄

30余の硫黄孔より蒸気を噴出する「雲仙地獄」が、2015年10月にリニューアルしました。遊歩道を新しくし、1984年国立公園指定50周年を記念して「50周年記念広場」を設置。記念撮影用のデッキや看板などを新設したりと、より地獄を間近で楽しめるように。

例えば、地獄の中で一番人気の「大叫喚地獄」では、蒸気の近くまで行けるデッキを新設し、吹き上げる蒸気を体感できるようになりました。お糸地獄の周辺には、石のイスに座って地熱を感じることができる「熱体感施設」がお目見え。

また、お糸地獄には温泉たまごの販売所がオープンし、地獄一望の休憩所でひと休みできます。温泉たまごは2個200円。お糸地獄~真知子岩周辺には、新しく東屋が設置され、散策の途中でひと休みできるオアシススポットに。 雲仙地獄

雲仙温泉観光協会

TEL/0957-73-3434

住所/長崎県雲仙市小浜町雲仙

駐車場/周辺の有料駐車場利用

新温泉たまご販売

営業時間/9時~17時(土日祝は8時~)※季節変動あり

「雲仙地獄」の詳細はこちら

3、雲仙ビードロ美術館

雲仙にある日本有数のアンティークガラスコレクション

雲仙ビードロ美術館 ボヘミアンのゴブレットなど世界のアンティークガラスを展示している
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。