ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

米Sprint向けEvo 3Dのホワイトカラーが9月9日に発売

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

米Sprint向けEvo 3Dのホワイトカラーが発売されるようです。米国家電量販チェーンのRadio Shackが9月9日より同社独占で発売すると発表しました。背面はカメラ周り、前面はディスプレイ・ベゼルを除いて全てホワイトというカラーリング。HTCロゴの感じもブラックモデルとは若干異なるようです。Sprint向けEvo 3Dは、4.3インチqHD(960×540)サイズの3Dディスプレイ、Qualcomm  MSM8660 デュアルコア1.2GHz、背面に500万画素のカメラを2つ搭載しており、写真や動画を3Dでも撮影することができます。本体側面に2D/3D切替用つまみとシャッターボタンを搭載。前面には130万画素のカメラを搭載。Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、CDMA2000/WiMAXに対応。OSはAndroid 2.3(Gingerbread)、UIは回転する3Dホームスクリーンやアプリショートカット配置できるアクティブロックスクリーンが特徴のHTC Sense 3.0。Source : Radioshack Via : Phandroid


(juggly.cn)記事関連リンク
AT&T向け”Samsung Inpulse 4G”の画像がリーク、AT&T初のLTEスマートフォン?
SIMフリー版「Xperia mini ST15a」が発売
Sony Tablet S ”S1”は9月上旬より発売?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。