ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

T.J.シンの伊勢丹前猪木襲撃事件 「いまだに真相わからぬ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャイアント馬場とアントニオ猪木、ふたりのスーパースターの活躍を軸として日本プロレスの軌跡を振り返る、ライターの斎藤文彦氏による週刊ポストの連載「我が青春のプロレス ~馬場と猪木の50年戦記~」。今回は、昭和48年、新日本プロレスで猛威を振るった“インドの狂虎”タイガー・ジェット・シンについてお届けする。

 * * *
 昭和48年は、ジャイアント馬場とアントニオ猪木のほんとうの闘いがスタートした年だった。

 猪木が新日本プロレス(昭和47年1月)、馬場が全日本プロレス(同年9月)を設立し、団体のオーナーとなったことで―共通の師・力道山がかつてそうであったように――ふたりはそれぞれのリングで“製作総指揮・監督・主演”のポジションに立った。

 猪木の宿命のライバルとなるタイガー・ジェット・シンが、新日本プロレスのリングに初登場したのも、この年の5月だった。

『ゴールデン・ファイト・シリーズ』開幕戦(5月4日=川崎市体育館)に客席からの私服姿での“乱入”という形で衝撃的なデビューを果たしたシンは、同シリーズ中盤戦の岐阜(5月25日)とシリーズ最終戦の大阪(6月14日)で猪木とシングルマッチで2回対戦(1勝1敗=いずれも反則裁定)。プロレス史に残る“因縁ドラマ”のロングランはここから始まった。

 やや蛇足になるが、シンのリングネームは、本拠地のカナダ・トロントではタイガー・ジート・シンだが、日本ではミドルネームのジートが“ジェット”というテレビ向き(?)なカタカナ表記で統一された。

 馬場がアブドーラ・ザ・ブッチャーを、猪木がシンをそれぞれ“大悪役”としてキャスティングしたことで、お茶の間の一般視聴者にとっては“4チャンネルのプロレス”と“10チャンネルのプロレス”のストーリーラインが、たいへんわかりやすいものになった。

 ブッチャーのニックネームは“呪術師”で、得意技は頭突きと凶器攻撃。シンのニックネームは“インドの狂虎”で、得意技はコブラクローとサーベル攻撃。いまになってみるとそれは差別的な設定だが、悪いガイジンは“黒人”と“インド人”だった。

 現在のテレビの放送倫理ではおそらく問題化するであろう“大流血シーン”が、この時代は毎週のようにゴールデンタイムで全国に生中継されていた。

 シンは、2度目の来日となった同年11月、新宿・伊勢丹前の路上で、倍賞美津子夫人といっしょにショッピングをしていた猪木を襲撃するという前代未聞の“事件”を起こした。

 テレビカメラもスポーツ新聞のカメラマンもいない場所での乱闘だったため、このシーンの“証拠写真”は1枚も残されていない。

 しかし、近くにいた通行人が通報して警察官が出動する騒ぎとなったため、そこで何かが起きたこと、そして、この“事件”によってシンの知名度が全国区レベルのものになったことはまぎれもない事実だった。

 当時、プロレス中継に関係していたテレビ朝日の元社員、すでに定年退職した元専門誌記者も、この事件の真相については「いまだに(ほんとうかウソか)わからない」と口をそろえる。

“新宿・伊勢丹前の乱闘事件”は、日本のプロレス史のなかの解明されていないミステリーとして、いまも語り継がれている。

●さいとう・ふみひこ/1962年東京都生まれ。プロレス・ライター、コラムニスト。プロレスラーの海外武者修行にあこがれ17歳で単身渡米。1981年より取材活動。『週刊プロレス』創刊時からスタッフ・ライターとして参画。『ボーイズはボーイズ』『みんなのプロレス』など著作多数。専修大学などで非常勤講師。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
A・猪木 プロレスの枠を超える「対世間」を意識していた
「日本プロレス史上最も盛り上がった」と評される大会とは?
ジャンボ鶴田の就職時「尊敬する馬場さんの会社選びました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP