ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【がん検査法5/6】費用が高額なPET検査、MRIの精度は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日進月歩で進化するがんの早期発見法。ただし、種類が多すぎて実際にはどれを受けるべきか、分かりづらいのが実状だ。人間ドックで実施されている検査のなかには、費用が高額だが、検査精度が非常に高い検査法もある。

【PET検査】や【PET-CT検査】が代表的だ。

 がん細胞は分裂が活発で、エネルギー源である糖を多く消費する。そこで、放射線を放つ特殊な糖を体内に入れると、がん細胞に集まるので、それをPET(陽電子放射断層撮影装置)で撮影し、がんの場所を特定するのがPET検査である。

 このPET検査に加え、X線で身体の断面を撮影するCT検査を組み合わせて発見の精度を上げたのがPET-CT検査である。

 費用は10万円以上かかるが、全身の検査を一度にでき、検査精度もかなり高い。

 全身をくまなくスキャンするので、PETはすべてのがんに対応するが、得手不得手はあり、甲状腺がんや大腸がんを得意とし、胃がんを苦手とする。胃がんの検査については、内視鏡検査を利用すべきである。

 同様に【MRI(核磁気共鳴画像法)】も、費用が10万円以上かかるが、検査の精度は極めて高い。MRIは、核磁気共鳴という物理現象を利用して、身体内を断層撮影する検査法で、放射線も造影剤も使用しないため、人体への影響は極めて少ない検査である。

 エコーでは見えづらい血管や骨、脳の検診に向き、前立腺がんや子宮がん、卵巣がん、脳腫瘍などの検査ではCTより有効とされる。また、CTとは撮影方式が異なるので、両者の別の画像情報で診断をすることも可能になるのだ。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【がん検査法1/6】身体負担少ないエコー検査の部位別精度は
【がん検査法4/6】喫煙者は利用したい低線量CT検査とは
【がん検査法2/6】胃がんはピロリ菌検査+内視鏡が合理的

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。