ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中学受験の難易度と生徒の身長にまつわる俗説について

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 受験シーズンのなか、コラムニストのオバタカズユキ氏は受験生に共通するある特徴に気づいた。本当なのか、どうなのか。

 * * *
 受験シーズン真っ盛りである。特に東京の中学入試は、2月の1~5日に集中している。重たそうなカバンを下げた子供たちが、夜の9時、10時過ぎに、進学塾から飛び出してくる姿をしばしば目にする。お迎えの保護者のもとに駆け寄る子だけでなく、そのまま一人で足早に駅へ向かう子も少なくない。

 中学受験は親の力が9割と言うが、いやいや、それは大人の一方的な見方ではないか。インフルエンザ予防の大きなマスクのせいで、どんな顔をしているのかいまひとつ分らないのだけれど、子供らの強い目ヂカラに、「ほう!」と感心させられることだってあるものだ。

 はじめは親の意向でそうすることになった受験だとしても、なんだかんだ乗り越えていくうちに、自分の意志でゴールに向かうようになる。きれい事じゃなくて、受験が精神的な成長の機会となりえているケースも多いはずだ。塾帰りの「頼もしい」子供の姿を見かけると、そんなことを思う。

 ただ、そのような中学受験生に関して、ひとつだけ引っかかっている問題がある。女子はそうでもないのだが、男子に小柄な子供が多すぎるような気がしてならない。

 彼らの大半は12歳。統計をチェックすると、同年代の平均身長は150センチを少し上回っているのだが、どう見てもマイナス5センチ、マイナス10センチくらいの背丈の子が目立つ。もちろん、中学生かと見まがうようなLサイズの男子受験生もたまにいるのだが、やたらSサイズ、SSサイズが多い、と前々から気になっていたのだ。

 しかも、である。去年は用あって、中高一貫校の説明会にずいぶん足を運んだのだが、その会場で見かける男子の身長と入試難易度とに相関関係があるとしか思えない。

 いわゆる中堅校の説明会では、「メガネ率がけっこう高いな」というくらいで、受験生のサイズは気にならなかった。それが、難関校に行くと違った。メガネ率がさらに上がるだけでなく、全体的に背が低くなるのだ。最初は、その特定の難関校だけの傾向、あるいはたまたまその説明会の参加者がそうなだけ、と思ったのだが、別の難関校に行ってもSサイズの世界だった。でもって、またまた別の中堅校に行ってみると、そちらではMサイズが主流なのであった。びっくりである。

 そして、もっと驚いたのは、とある大手塾を覗かせてもらった時である。有名難関校にターゲットを絞った特別コースの生徒たちが百人程集まっていたのだが、成績順に分けられたクラスごとの平均身長にも、相関関係があるとしか見えなかった。

 たとえば、そのコースは20人ずつ、成績の良い者からA、B、C、D、Eの5クラス構成となっていたとする。すると、これが見事なぐらい、E→D→C→B→Aの順にサイズがダウンしていく。より正確に言えば、SではなくSSサイズの生徒の人数が違う。あの子はまだ3年生くらいだろ、と錯覚するような子が、上位クラスになるほど目立つ。

 見学させてもらって、やたら小さいのがいるな、それに落ち着きがないな、と思ったら、その子はかなりの高確率で“すごく出来る子”だ。そういう子はEクラスにはいなかった。Dに1人か2人、Cにちらほら、Bクラスでかなり目につき、Aクラスでは過半がSサイズなのだった。

 この受験学力と身長との反比例な相関関係。残念ながら、それを示すデータはない。でも、ネットでいろいろ検索してみると、私と同じ疑問を持っている人が方々にいた。そのほとんどは受験生や元受験生の保護者であった。代表的なのはこんな書きこみだ(以下、各事例はアレンジしています)。

〈息子がこの春から憧れだった私立中に通っています。先日、初めての保護者会があったのですが、そこで息子の同級生たちの背の低さに驚きました。小学校で真ん中より小さいほうだった息子が大きく見えたのです。それほど他のお子さん方が小さかったのです。いったいどういうことなのか。息子に聞くと、「俺もそう思う!」と言います。夫は、「受験勉強で養分吸い取られちゃったんじゃないか(笑)」と冗談にするのですが、私は笑えません〉

 ネットでこの件に触れている人のほとんどは、母親だ。中には、次のように自分を責めている人もいる。

〈うちの長男は、難関校とされている中学にご縁をいただきました。入学前の招集日に学校へ出向くと、同級生になる周りの皆さんの背が高くなく、戸惑いました。うちの長男も背が低いのです。もしや、それは激しい受験勉強のせいでは。成長期に眠りたいだけ眠らせてやらなかったから、身体が成長できなかったのかも。そう考えると、とんでもない過ちをおかしてしまったと、不安になっています〉

 骨の成長を促して身長を伸ばすのに欠かせない「成長ホルモン」があり、その「成長ホルモン」は夜眠っている間に多く分泌される、という話を前提に、議論をしている掲示板もあった。こんなふうにである。

〈たっぷり寝る子の方が、毎日、3時間以上塾で座っていて、深夜まで勉強をしてきた子より背が高いに決まっています。うちの三男は6年生の夏まで、学校から帰ると週に5日はサッカーチームで夕方暗くなるまで運動をし、夕食をたらふく食べては寝たいだけ寝ていました。遅まきながら受験勉強を始めてからも、夜9時台には寝ていました。結果、みなさんの言う中堅校の私立中学に通っていますが、背はとっくに私を抜かしています〉

〈中堅ママさんのお話、複雑な思いになりました。うちの子は逆……。運動より勉強の方が得意だったというのは本当ですが、それを親が煽ったのも事実。運よく、御三家の一つに合格し、現在通っています。でも、おチビです。学校には、やはりおチビなお友達が多い気がします。小学校4年のときに、文化祭で下見をして、実は感じていました。 みんな小さいな、って。でも、気にしないようにして、受験が本格化してからは忘れていました。忘れたことにしていたのかもしれません……〉

〈口を挟ませていただきます。おチビさんで何が悪いのでしょうか。今、背が低くて、それがもし勉強で睡眠不足が続いていたせいだとしても、だからなんですか。これはエビデンスがあると思いますが、身長はかなりのほど遺伝によります。本来、背が高くなるはずの遺伝子を持った子も、背が伸びるはずの時期にその成長が阻害されると、もう伸びないのか。そんなの一時止まっていただけ。見てごらんなさい。伸びる子はこれからぐいぐい伸びますから。伸びしろがあるってことですよ!〉

 低身長問題の議論の跡は、掲示板やQ&Aサイトなどの方々で見つかる。ほぼ毎年、同じように母親たちが心配している。「伸びしろ」説はなるほどで、確かに我家の近くの私立難関校も中学生は小さめだが、高校生はごく普通だ。東大生の平均身長が20歳の日本人の平均身長より少し高いとの報告もあり、「一時止まっていただけ」に私も同意する。が、科学的根拠はない。

 そもそも小学生の受験学力と身長との反比例な相関関係について、誰もまだ研究していないらしいことが疑問だ。学者は何をやっているのだ。研究目的なら、各中学校の新入生の身体測定結果を集められるだろう。早く入試難易度別にチェックしてほしい。このコラムがデマとならないためにもだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
8人の美脚集団がミニスカハイヒール姿でオフィスを占拠した写真
複数の漢字を組み合わせて二字熟語を導く名門中学受験の難問
平均身長175cmのユニット「モデルガールズ」8人の美脚16本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP