ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レシピ】スタバのジンジャーブレッドラテを本気で再現してみました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スタバの期間限定人気メニューのジンジャーブレッドラテをご存知でしょうか?

スパイシーなジンジャーとシナモンがきいていて、寒い冬でもからだをポカポカに温めてくれるラテでした。しかし期間限定・・・。ジンジャーブレッドがなくなったいま、泣いているファンの声をSNSでよく耳にします。そこで、おうちでジンジャーブレッドラテを再現してみました!

スタバ店員さんが教えてくれたジンジャーブレッドラテ風のカスタム

「ジンジャーブレッドラテを復活させてほしい」と自身のTwitterに書き込んだ際、やさしいスタバ店員さんが「ラテじゃないですけど、これ結構近いのでやってみてください」と教えてくれたカスタム。飲んでみてびっくり。紅茶なのにジンジャーブレッドラテのお味!

ちなみに豆乳ではなくすると50円安くなります。ジンジャーブレッドラテ風が飲みたくなったらぜひこのカスタムを! ちなみに筆者はスタバの豆乳(自社でつくっている)のファンなので、今回は豆乳でせめてみます!

スタバの豆乳に一番近い豆乳

いくつかの会社の豆乳を試した結果、こちらの豆乳が一番スタバのお味に近いと筆者は感じました。ちなみにスタバの豆乳は調製豆乳ですが、筆者としては家で使うなら身体の色々なことを考えての無調整推し。今回は、再現するために無調整にすこし砂糖をいれて調整。

ジンジャーブレッドラテホイップ&ショット入り

レシピ(二人分)
スターバックスの豆大さじ3杯
豆乳100ml
・ジンジャーシロップ 小さじ1.5杯
・シナモン 少々
・ナツメグ 少々
・砂糖 小さじ1.5杯
ホイップクリーム(砂糖小さじ1杯を入れ泡立てる)
エスプレッソショット30ml

作り方
1、豆乳、ジンジャーシロップ、シナモン、ナツメグ、砂糖を鍋に入れ弱火で温めながら適度に泡立てます。
2、ドリップしたコーヒーを180ml、エスプレッソショット30ml、1の豆乳50mlをカップに注ぎます。
3、そのうえにお好みの量のホイップクリームをかけてできあがり。

んんん、これはジンジャーブレッドラテというよりかはおいしいラテ、といった印象。ショットが強過ぎてジンジャーのスパイシーさが弱いのかも。ジンジャーブレッドラテは口にいれた瞬間にナツメグの香ばしさと、後からジンジャーのスパイシーさが口にひろがるのです。

ジンジャーブレッドラテホイップ&ショット同量、ジンジャー&ナツメグ多め

先ほどの教訓を活かして、今度はジンジャーシロップとナツメグ多めでトライしてみました。まずは先ほどのレシピ通りに作り、最後にジンジャーシロップを小さじ1.5杯とナツメグ少々をさらにふりかけました。先程よりはジンジャー感が増して、スパイシー感はでたものの、やはりなぜかショットとのバランスがとれてないような気がしてしまいました。それから、この分量だとホイップの甘さが重めに感じました。

ジンジャーブレッドラテホイップ&ショットなし

「もうこうなったらホイップもラテもなくしてみよう!」というわけで、上記レシピからエスプレッソショットとホイップクリームを省いてみました。そのかわり、豆乳の量を100ml→160mlにして、豆乳に加えるジンジャーシロップも大さじ3杯に変更。するとどうでしょう、これが一番近い(笑)! 皮肉なことに一番簡単な方法が一番近かったと・・・。写真はもはやどれも変わりばえしませんが(笑)。

レシピ(二人分)
スターバックスの豆大さじ3杯
豆乳160ml
・ジンジャーシロップ 大さじ3杯
・シナモン 少々
・ナツメグ 少々
・砂糖 小さじ1.5杯

作り方
1、豆乳、ジンジャーシロップ、シナモン、ナツメグ、砂糖を鍋に入れ弱火で温めながら適度に泡立てます。
2、ドリップしたコーヒーを180ml、1の豆乳50mlをカップに注いでできあがり。

きっとあれですね、ショットもホイップもジンジャーも分量の絶妙なバランスがあるのでしょう。ちょっと本気で再現してみましたが、まだまだ修行が足りなかったです。

今回の結果からは、家でジンジャーブレッドラテをつくるには、ホイップとショットなしが一番近い気がしました。ただ、これはもう好みだと思いますので「甘いものがほしい〜」というときはホイップたっぷりめにして、「濃いめのラテが飲みたい〜」というときはショットをプラスしても良いかも。どれもお味はおいしかったです。また、砕いて火にかけたナッツをプラスしても香ばしさがでるのかもと思いました。

寒い冬にポカポカになるジンジャーブレッドラテ、ぜひお試しください。

[All photos by 京田未歩]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP