ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『レオン完全版』に学ぶ、視界が広がるセリフ――人生を変えた映画の言葉

DATE:
  • ガジェット通信を≫

たった一本の映画が人生を変えてしまうことがあります。そんな「運命の映画」には、必ず「刺さるセリフ」があるものです。

映像、音楽、衣装など、総合芸術と呼ばれる映画にはたくさんの見どころがあります。中でも私たちの胸を強く打つのが、登場人物たちが語るセリフ。悩んだとき、落ち込んだとき、人生に足踏みしてるとき。たった一本の映画の、たった一言が、その後の自分を大きく揺さぶることがあるのです。そんな「運命的な映画のセリフ」を、筆者の独断と偏見でお届けするこのコーナー。

今回ご紹介するセリフは、誰もが「ジャン・レノみたいになりたい」と憧れたリュック・ベッソン監督の代表作『レオン完全版』(1996年)から。今いる世界の狭さに気づいていなかった自分は、この言葉のおかげでパーッと視界が開けたのでした。

(C)1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

殺し屋に「なるしかなかった」レオン

舞台はニューヨーク。心に孤独を抱える寡黙な男レオン(ジャン・レノ)は、世話人から受ける依頼を忠実にこなすスゴ腕の殺し屋。ある日、彼がひっそり暮らすアパートの隣室で、子供を含む一家が皆殺しにされます。たまたま外出していて難を逃れた一家の娘マチルダ(ナタリー・ポートマン)は、涙ながらに「隣人」に救いを求め、ドアをそっと開いたレオンにかくまわれます。こうしてまだ12歳の可憐な少女と、文字も読めない中年男の殺し屋による、奇妙な共同生活が始まるのですが……。

この『レオン』という作品は、22分の未公開シーンを追加した「完全版」の存在が知られています。完全版ではレオンが殺し屋に「なるしかなかった」悲しい過去が描かれ、クライマックスにさらなる深みを増す物語となっています。そんなレオンの生い立ちは本編を観ていただくとして、ここで注目したいのはレオンが心を閉ざしてしまっていること。人と深く関わらない、もう誰も愛さない。ただただ受けた「仕事」を遂行するだけの日々。しかしマチルダとのひょんな出会いが、彼の心の中を少しずつ溶かしていくのです。

レオンを揺さぶったマチルダの言葉

住みかに危険が及ぶとき、いつでも安全な場所に移れるよう、荷物は常に必要最小限に留めているレオン。ところが、どこへ行くにも必ず手放さないものがあります。それは観葉植物アグラオマネの鉢植え。レオンはこの鉢植えを「最高の友」と呼び、自分自身を重ねあわせて自嘲気味に語ります。

「無口だからいい。俺と同じで、根がない」

生きるか死ぬかの世界で生きるレオンにとって、かけがえのない親友である鉢植え。しかし聡明な少女マチルダはレオンを諭すように、こんな言葉をかけるのでした。

「大地に植えれば根を張るわ」

本当の友達だと思うなら、公園にでも植えかえてあげればいいのよ。そうすれば根っこは生えてくるわ。マチルダの言葉をレオンはこのとき、さらりとかわしますが、のちに彼の心に深く刻まれることになります。愛する家族もいない根無し草、ただの殺し屋にすぎないと見下げていた自分の人生を、レオンは少女の一言によって見直すことになるのです。


世界には大地が広がっている

懸命に生きているはずのその場所が、実は狭い世界であることに、なかなか自分では気づけないものです。まさにレオンが自分に重ねたアグラオマネも、観葉植物としては十分に美しくとも、実は小さな鉢植えの中に留まっていて、広い大地に根を張ればもっと大きく育つことを知りません。たとえ知っていたとしても、小さな鉢から飛び出せないでいるのです。

皆さんも狭い世界に閉じこもっていませんか。孤独を感じて、自分の居場所を息苦しく感じていませんか。でも大丈夫、実際の世界は小さな鉢植えのように閉じてはいません。ふと足元に目をやれば、果てしない大地が広がっています。どんな過去があろうとも、どんなに今がつらくとも、人生は自らの手で「植えかえる」ことができるのです。

果たしてレオンは変われたのでしょうか。大地に根を張り、人を愛せるようになったのでしょうか。その結末はぜひ、ご自身の目で確かめてみてください。

「レオン 完全版」

DVD&Blu-ray発売中

発売:アスミック・エース

販売:KADOKAWA

(C)1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN

※今回、取り上げたセリフは当該シーンの字幕を元にしています。原文の解釈や表現できる文字数の違いから、吹き替え版とは若干異なります。

文:松岡厚志

1978年生まれ、ライター。デザイン会社ハイモジモジ代表。ヨットハーバーや廃墟になったプールなど、場所にこだわった映画の野外上映会を主催していた経験あり。日がな一日映画を観られた生活に戻りたい、育児中の父。

イラスト:Mazzo Kattusi

関連記事リンク(外部サイト)

え、こんなに低カロリーなの!? コンビニで買えるスゴイおやつ
忙しいときこそ息抜きの時間を。仕事やプライベートで使いたい「純喫茶」のすすめ
知らない間に実名で発言!? Webのアカウント紐付けサービスにご用心

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP