ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コラム】アメリカの音楽の聖地メンフィスが、旅人を惹きつけるワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KANA「【アメリカ・テネシー州】ロックンロールの聖地&お酒の旅へ」

KANA「【アメリカ・テネシー州】ロックンロールの聖地&お酒の旅へ

闇が訪れると、ネオンが輝き出し、どこからともなくジャズやブルースが聞こえ始める…。

アメリカロードトリップ【ミシシッピリバー沿い横断の旅】で、ロックンロールやブルース発祥の地、メンフィスを訪れた。

ここにはロックンロール界の帝王エルヴィス・プレスリーゆかりの地や、レトロなレコードショップが点在している。その中には、毎晩盛り上がる、老舗ライヴハウスやバーがひしめくビールストリートという場所もある。

ここに訪れるのは音楽ファンだけではない。何が、ここまで旅人を惹き付けるのか。

DSC09383

人々を惹き付ける理由は、メンフィスと、その周辺で生み出された楽曲の数々が、かつてアメリカ植民地時代、日々劣悪な環境の中で必死に生きる人々にとって、唯一の心の拠り所となっていたからだ。

だから、重みが違う。この地には彼らが必死に生き、夢を勝ち取った証が刻まれているのだ。

DSC09391

音楽は反骨精神や心の拠り所から生まれることが数多くある。それらの中には、並々ならぬ人々の想いが込められている。

かつての植民地時代があり、今のアメリカがある。今も世界では同じような環境で働いている人々がいるかもしれない。豊かな現代の日本にいると忘れがちだが、事実であるヒストリーを忘れてはならないと思う。

文・写真:KANA (旅フォトジャーナリストとして世界を飛び回る。人々の暮らしや世界観を写真と文で表現する。多数のメディアで旅の連載を持ち、ガイドブックも手掛ける。Instagram@xxxkanaaaa

■ミシシッピリバーの公式観光情報はミシシッピ・リバー・カントリーUSA日本事務所HPに

Compathyでこの旅の関連旅行記を見ましょう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。