ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ今までなかった!?指紋認証できる南京錠「TAPPLock」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自転車や旅行用のバッグなど、南京錠を使って鍵をかけるシチュエーションは少なくない。万一鍵を失くしてしまったり、パスコードを忘れてしまうととんでもないことになってしまう。

そんな心配もなく、自分の指紋を使ったり、スマートフォンからのアクセスによって鍵を開けられる便利なアイテムが「TAPPLock」だ。現在クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募っている。

・指紋で即座にロックを解除!

TAPPLockはFPC 1020という指紋センサーを採用したハイテク南京錠。指紋は200個まで登録することができ、指紋認証後0.8秒でロックを解除することが可能。

不審者がロックを解除しようとした際は、アラームを鳴らす設定にもできる。

家族や友人などの知人がロックを開きたい場合、アプリを使った遠隔操作でロックを解除することもできる優れものだ。

Bluetoothでもロックの解除ができるので、手が汚れている状況や、指紋が削れてしまっているようなときでも便利にロックの解除が行えそうだ。

・心強い性能!

TAPPLockはリチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、1回充電を行えば3年間使うことができるので、長期間の旅行でも安心して持っていけそう。

電池残量が少なくなってしまったときは、メールが届く設定になっているので、電池が切れて使えなくなってしまうようなことも少なそうだ。

防水加工になっているので、自転車を外に止めて、雨が降ってしまった際でも壊れる心配はない。

・価格は46ドルから

TAPPLockは携帯用の充電器が付いた通常版が49ドル(約5900円)、充電器が付いていないLiteバージョンが46ドル(約5500円)。Indiegogoで出資を受け付けており、まもなく出資希望額に届き製品化が確定する。発送は9月以降を予定している。

現在 アプリはAndroidのみ用意されているが、iOSとWindows Appにも対応予定だそうだ。

TAPP: The World’s First Smart Fingerprint Padlock

 

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP