ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダチョウ上島とキスすると「開運」説 野呂佳代に聞いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あのときは誰もが驚いた。昨年6月のイベントで、ダチョウ倶楽部・上島竜兵(55才)と野呂佳代(32才)がキスしたシーンだ。ダチョウ倶楽部のおきまりのギャグの流れでしたものだが、元AKB48の女性タレントがするとは予想外の展開。すぐさまネットニュースなどに取り上げられ、大きな注目を集めた。それがきっかけになり、上島とのキスは「開運を呼ぶ」と希望者が殺到しているといわれる。野呂には、いったいどんな開運が訪れたのか? 野呂本人に聞いた。

――ダチョウ倶楽部の上島さんとのキス騒動、その反響は?

野呂:あんなに騒がれるとは思わなくて。1日くらいで終わっちゃうニュースだと思っていたんですけど、半年くらいは、どこに行っても話題に上りました。キス芸の話題が出るたびに、私の名前と写真が出ましたからね。さすがダチョウ倶楽部さんだなって。

――なぜ拒否しなかったんですか?

野呂:ダチョウ倶楽部さんとは、今まで何回かお仕事が一緒で、親しくさせていただいているんです。ある番組の後の、反省会も兼ねた飲み会で、肥後(克広)さんが「(番組内の)あの時のギャグは、竜平と野呂がキスすればよかったよな」と言っていたんですね。その時は冗談だと思っていたんですけど。

 昨年のそのイベントでは、私は初めてのMCで、自分の色を出さなきゃいけないと一生懸命だったんです。それでダチョウ倶楽部さんにちょいちょいツッコんでいたんです、私なりの味が出るかなって。

 そうしたら上島さんがそれをGOサインと勘違いしたのか、私が仕掛けていると思ったようで(笑い)。そういえば以前、肥後さんにそんな事を言われていたな、ということをそこで思い出しました。

――キスされたときはびっくりしました?

野呂:びっくりしましたよ! 本当にやるんだ、みたいな。たくさん記者がいる中で緊張もしてましたし、テンパっちゃって。

――上島さんの唇の感触は?

野呂:もう全然、覚えていません。テンパって「うわっ、来た!」って内心、慌てていたので。でもそこから笑いが取れたので、リラックスできました。

――肥後さんや寺門ジモンさんも、キスを止めなかったんですね。

野呂:普通だったら止めると思います。でも、あえて止めなかったということは、チームとして成り立っていたんだなと思って。“ダチョウ倶楽部With野呂”みたいなチームが出来たんだなって(笑い)。一員になれたようで嬉しかったです。

――イベントが終わってから、上島さんから何か言われましたか?

野呂:「好きになっちゃいそう」というのは、新聞に出ていましたけど(笑い)。その後、『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)のギャグでベッドシーンがあったんですけど、男性のほうが照れちゃったらやりにくいじゃないですか。だけど、照れ屋の上島さんがノリノリだったんです。先輩と後輩の仲が深まりました。

――事務所の太田プロダクションの反応は?

野呂:ウケてよかったって(笑い)。事務所の人は話題になっておいしかったって言ってましたよ。芸人さん以外で、女性とキスしたのは初めてだったようで。私は後輩ということで、キスしてくれたんだと思います。

 ダチョウ倶楽部さんって、すごく頭が切れるかたなんですよ。能天気に見えて、いろんなことを考えている人たちなんです。たとえば、キスでいうと、私なら大丈夫だけど、微妙になる人っていると思うんですよ。だからお互いにおいしいかおいしくないかは、計算していると思います。
 
――キスして良かった?

野呂:はい、開運のキスと言われていますからね(笑い)。その後も、いろんなイベントに声かけていただいたり、仕事もいただけましたので。ありがたいですね。

――バラエティーでいじられキャラ化していますが、アイドルから路線変更した?

野呂:AKB48の頃からそんな感じでしたよ。アイドルをやっている時から、自分はちょっと違うなと思っていたんです。アイドルってみんな、細くてかわいくて女の子らしくて、って感じじゃないですか。でも私は、目指しているのがビヨンセさんだったので、自分の体形が大きいと思っていなかったんです。

 ダンスも歌も、お手本にするのは黒人の歌手。それが、お笑いが好きというだけで、お笑いキャラみたいになっちゃって。だから元々アイドルは向いていなくて、AKB時代に色々と勉強させていただいて、ようやく居心地のいい場所にたどり着きました。

――自分の体形が大きいと気づいたのは、いつ?
 
野呂:AKB48時代に、劇場の最前列の人に言われたんです。厳しい世界ですよね。でも、サイズをごまかして2才サバを読みしてAKBに入っているし、写真も細く加工していたので、そもそもなんですよ(苦笑)。受かったのは奇跡なんです。最終審査に行ったら、審査員の方々がびっくりしていたから。

 私がラッキーだったのは、テレビ電話オーディションが間に入っていたんです。テレビ電話って上半身の一部しか映らないんですよ。私は胸から下がぽっちゃりだから、歌の最終審査に行ったら、「この子、誰が呼んだの?」みたいな感じだったらしくて。顔だけならセンター候補だったそうですけどね(笑い)。

――ぽっちゃりキャラと言われるのは嫌ですか?

野呂:いいえ。それがなかったら、個性がなかったと思います。それに今は『ラ・ファーファ』(ぽっちゃり女子のためのファッション誌)の表紙をやらせてもらったりして。上島さんとのキスもそうですけど、なにがどう転がるかわからないですよね。

【野呂佳代(のろ・かよ)】
1983年10月28日 生まれ。東京都出身。2000年に芸能界デビュー。2006年、第二期AKB48追加メンバーオーディションに合格 。2009年よりSDN48としても活動開始、翌年完全移籍をしてキャプテンに就任。2012年にSDN48を卒業。現在、『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)をはじめとして、テレビ、ラジオ、舞台などで活躍。4月23日より新国立劇場・中劇場で上演されるミュージカル『アニー』出演。

撮影■田中麻以


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダチョウ上島竜兵 野田首相そっくりで新ネタ期待の声殺到
ダチョウ肥後 上島&寺門と結成は「たまたま連絡ついたから」
竜兵会トップ肥後克広と上島竜兵が「地獄時代」の有吉を語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。