ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「もたない生活」する人続々 梨花やピーターや大島さと子も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「断捨離」とは、物への執着心を捨て、身の回りをスッキリさせることで生活や人生に調和をもたらす生活術や処世術のこと。断捨離を突き詰め、物を持たない暮らしを実践する人を「ミニマリスト」と呼ぶ。生活に使う物を限りなく減らし、「最小限の物」だけで暮らす人々だ。2015年の流行語大賞にもノミネートされた。

 博報堂若者生活研究室アナリストの原田曜平さんが解説する。

「今は雇用が厳しく、お金も使いにくい状況で、処世術として、必要以上の物を持たない若い世代が登場しました。自宅にテレビや冷蔵庫などの家電が一切なく、スマホとパソコンのみで暮らすような若いミニマリストが増えています。

 高級車やブランド品を持つことがステータスであり、物質的な豊かさへの信奉が強い、団塊の世代からバブル期前にかけての人々にしてみれば、驚くべき傾向でしょう」

 しかし今、全世代の女性が「持たない生活」に熱視線を送っている。ブームの発端は、片づけコンサルタントである近藤麻理恵さんの著書『人生がときめく片づけの魔法』(2010年、サンマーク出版刊)だった。

 1つ1つの物に対し、「ときめくか」「ときめかないか」と問いかけ、ときめく物だけを残すという、片づけ法を紹介した同書は、シリーズ累計で200万部を超えた。同書は米国でも売れ、近藤さんは米『TIME』誌にて、世界で最も影響力のある100人に選ばれ、現地では「スパーク・ジョイ(ときめき)」が流行語となっている。

 また、2014年に刊行されたジェニファー・L・スコットの『フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~』(大和書房)は、シンプルで厳選された物だけに囲まれるパリ流の上質かつ質素な暮らしを描き、60万部のベストセラーを記録した。

 都内在住のA子さん(43才・派遣社員)は、3年前に前述の『人生がときめく~』を読んで、断捨離を始め、ミニマリストの道を歩んでいる。

「以前は雑貨屋が好きで小物を買い集めていましたが、近藤さんの本を読んで感動し、観葉植物やキャンドルなどすべて処分しました。大きなチェストやテレビ台なども迷わずに捨て、洋服類も4分の3を処分しました。

“ストレス買い”の反対で、物を大量に処分することで気持ちが晴れやかになるんです。おかげで無駄遣いがなくなって貯金が増えたし、部屋の汚れが目立つので掃除をマメにするようになりました。小学生の息子も影響を受けて、余計な物を欲しがらなくなりました。まさに一石四鳥ですよ」

 静岡県在住のB美さん(72才・主婦)は、2年前から身の回りの整理を始めた。

「娘が昔使っていたピアノも思い切って処分しました。細々した物を整理すると家の中がスッキリします。リビングで空いたスペースを利用して、テレビを見ながら夫とストレッチ体操をしています。おかげで開脚体操で脚がどんどん開くようになりました。今後も物に縛られない生活で健康を手に入れたいですね」

 昨年発売され、25万部を売り上げている『服を買うなら、捨てなさい』(宝島社)の著者でスタイリストの地曳いく子さんは言う。「ファッション業界の最前線でも、お洒落な人ほどアイテム数を減らし始めている」と。

 モデルの梨花(42才)は2011年に長男を出産後、本当に必要な物だけを残してクローゼットの衣類を処分した。カリスマモデルながら、彼女が現在所有するデニムは3本だけだ。

 タレントのピーター(63才)もテレビ番組で、「大震災があってから物を持つことの虚無感、罪悪感を感じて、ブランドものや指輪なども含めて、断捨離を始めた」と話している。毎年、多くの芸能人を集めて都内の別荘で開いていたホームパーティーも取りやめ、別荘は売却した。

 若い頃はブランド買いに熱中していたという女優の大島さと子(56才)は7年ほど前から物に囲まれた暮らしに気分が晴れず、常にモヤモヤするようになった。そこで「所有物が少なければ身も心も軽やかでいられる」と一念発起して引っ越した。

 それとともに食器棚や洋服だんすなどの収納家具を全廃し、保管しておいたドラマの台本や執筆した記事の載った雑誌などもすべて処分。自宅は以前より狭くなったがモヤモヤは消え、「よりいい仕事をしたい」という意欲が生まれたという。

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
50才パート女性 高校同窓会でときめき、メールでも胸キュン
R40女性120人調査「10代男性にときめける」女性は7人
片づけ本読んだ妻「ときめかないから」と夫を処分する夢抱く

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP