ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『怪盗山猫』主演の亀梨和也「撮影現場は本気でふざけています」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨年は蜷川幸雄演出の主演舞台『青い種子は太陽のなかにある』や久しぶりに出演したラブストーリーのドラマも大好評――。20代最後の年に充実した成果を残した亀梨和也だが、グループのメンバーの脱退が発表され、音楽活動としては岐路に立たされた年でもあった。2016年はどんな思いで迎えるのか? ドラマ『怪盗 山猫』(日本テレビ系、土曜21時~)の撮影秘話とともに今の「ナマの」心境を熱く語ってくれた。

 20代最後のタイミングで新たな挑戦となるドラマ『怪盗 山猫』の撮影が進んでいる。亀梨が演じるのは悪徳企業から大量の資金を盗み、同時に悪事を暴く天才怪盗・山猫。最近のドラマは早くからじっくり時間をかけて撮るというスタイルもあるが、『怪盗 山猫』はあえてその真逆の手法。「この間1話を撮り終わったばかり。1話が放送される前に2話を撮り終わる」という綱渡り的撮影状況だ。

「貯金がまったくない(笑い)。でもそれが狙いというか、ライブ感であったり、視聴者の皆さんたちのリアクションだったりを直に感じて反映させて、連続ドラマでしか味わえない醍醐味をみんなで楽しんでいこうとしています」

 あのテンポよくスピーディーなストーリーや、ドラマの演出は、そのギリギリ感の中で作られていたのだ。山猫というキャラクターは周りを振り回す俺様キャラ。

「大人になればなるほど周りの目とか気にして生きていかなきゃならないと思うんだけど、それの真逆を行くキャラなんで、感覚としては自分の逆を行く発想を持つようにしてますね。テーブルの上に脚を乗っけちゃいけない、でも山猫は乗っけちゃう!みたいな(笑い)。

 無邪気というか、わざわざ鼻につくようなことをやってます。わかりやすく言うと大人の面と子供の面を持ち合わせてるキャラクターに仕立ててる感覚。変顔もチョーしてるし、絶対ブサイクになってる、いや、カワイ子ぶった変顔じゃないの。本気の変顔、今までテレビドラマでは出してないような変顔」

 と、役を楽しんで演じている。

「プロデューサーや監督はぼくら出演者に、とにかく楽しんでください、やりすぎたらぼくら言いますんで!って言ってくれました。だから生っぽさであったり、そのキャラクターたちが“怪盗 山猫”という中で生きてる世界観の面白さが視聴者の皆さんに伝わると思います。

 本気で悪ふざけしています。楽しい、って見て笑っているうちに、あ、今のところ実は笑っちゃいけなかったんだ、って気づいてもらえたりする部分、持って帰ってもらえるメッセージ性はちゃんと詰まってる。置いてくものをちゃんと作ろうって、腹くくってるんで」

 今回の撮影では「怪盗」が逆に現場に差し入れし、皆に喜ばれたのだとか。

「ぼくらスタジオと楽屋が遠いんですよ。だからいちいち楽屋に帰らないで前室ってところに皆で集まっていて、それがすごい楽しいんです。でもそこは廊下も窓も近くて寒いのでエアコンで暖房つけてるんですけど、乾燥するよねって話が出てたんで、ぼくが大きな加湿器差し入れました! そしたら皆が“やっぱ、いいね!”って言ってくれて」と満足げ。

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
杏、ギャラクシー賞贈賞式で魅せる美しさ 多彩な演技が評価
相武紗季 ノースリーブのドレスに身を包んだその麗しき美貌
コクーンシティ市長就任の広瀬すず キュートな敬礼姿披露

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP