ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔物が住む国際社会に日本の清廉さは通用しない むしろ欠点に 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自民党はこれまで「現行の憲法は時代にそぐわない」として改憲を訴えてきた。だが昨秋、安保法案が成立したことにより、改憲への機運は急速にしぼんだように見える。中西輝政・京都大学名誉教授は、「このまま改憲論が放置されれば、日本は存立不可能になる」と訴える。
 * * *

 日本が憲法を改正すべきなのは、安全保障上の問題からだけではない。実はもっと切実な課題をわが国は背負っている。

 昨年8月、安倍首相が公表した「戦後70年談話」は評価すべき点もあったが、要所要所で自虐的な東京裁判史観が顔を出し、随分と諸外国におもねった印象だった。

 日本にとって最も大切なのは、次代を担う子や孫らがためらいなく口にできるような自前の歴史観を持つことだ。「こんなことを言ったら、また叩かれるかも」と肩身を狭くして言いたいことを言えない国はいずれ、生命力を失うからだ。まず、国民の精神や心が廃れ、道徳心が腐敗し、自立した価値観を持てず、やがて国全体が萎縮する。自前の憲法で自前の歴史観を確立することが憲法改正の最大の目的なのである。

 憲法改正となると、中韓両国は様々な手段で妨害工作を仕掛けてくるはずだ。「憲法改正を口にする日本の首相とは首脳会談を行わない」と宣言したり、多国間安全保障を名目にアジアにおける安全保障機構を作って日本を参加させ、「南シナ海問題は話し合いで解決する」「朝鮮半島は現状維持」などの議題を並べつつ、「日本は憲法を変えない」という国際公約を呑ませようとするだろう。憲法改正が遅くなるほど、こうした包囲網がきつくなることは間違いない。

 私は外国暮らしが長いが、外から見ると日本人ほどナイーブ、良く言えば心のきれいな国民はいない。嘘を嫌い、心の清潔さを大切にする、それ自体は素晴らしい国民性だ。

 しかし、国際社会ではこれが最大の欠点となる。端的に言えば、世界は虚偽と暴力で成り立っており、そこでは自国の利益を最大限に主張する戦いが日夜、繰り広げられている。人間と人間ならわかりあえるが、国と国は別だ。魔物が住む国際社会で日本人の清廉さは全く通用せず、必ず国家の滅亡につながる。ゆえに安全保障を他国に頼らず、自立した国になることが何より肝要なのだ。

 安倍首相は昨年11月、超党派議連の会合で「憲法改正は自民党立党の原点」と主張し、今夏の参院選を見すえて憲法改正を推進する勢力の結束を強める呼びかけをした。「70年談話」が不本意な譲歩におわった首相が、憲法改正に向けた揺るがぬ信念と覚悟を示した発言と理解する。それゆえ今年こそ、全身全霊をかけて憲法改正に邁進してほしい。

【PROFILE】1947年大阪生まれ。京都大学卒業。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学大学院教授を経て現職。『迫りくる日中冷戦の時代』(PHP新書)など著書多数。

※SAPIO2016年2月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自衛隊を国防軍にすることが平和の確保に繋がると軍事専門家
森永卓郎氏 安倍自民の憲法改正案は生活保護や年金削る狙い
拒否権に近い参院の権限は民主制の要件から見て問題との指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP