ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

遺骨の粉骨代行業は2万5000円~ サービスの内容を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 価値観が多様化し、さまざまな埋葬方法を希望する人が出てきている。昨今、貧困などから墓を購入する余裕がなく、遺骨を電車の網棚などに放置する例も出ている。だからこそ、遺骨の扱いに苦慮する人もいる。そんな中、「散骨」の希望者は少なくない。デヴィッド・ボウイさんや淡路恵子さんなども、そんな希望をしていた。

 では、日本で散骨を考えるにあたって、まず第一にしなければいけないことはなにか。それは、「粉骨」だ。欧米では、遺体は1000~1200度の高温で焼き、遺灰にするが、日本の炉の温度は800度くらい。それは日本に、火葬後、遺族が骨を拾い上げる遺骨収集の慣習があるためだ。

 それゆえ、遺骨を散骨しようと決めた際、骨を粉状にしなければいけないが、身内が骨を砕く作業は精神的負担が大きすぎる。それを代わりにやってくれるのが粉骨代行サービスだ。

 昨年11月に千葉県で粉骨代行サービス『まごころ』をスタートさせた、舘山文成さん(44才)が言う。

「このサービスを始めたのは、父が“ハワイの海で”と散骨を希望したことがきっかけでした。最初は、自分で粉骨しようと思ったのですが、いざ遺骨をすり鉢に入れるとこみあげてくるものがあって…。結局粉骨は業者に依頼したのですが、戸惑うことばかりでした。そんな心のひっかかりがずっとあったのですが、遺骨遺棄の事件を知ってショックで…それで会社を設立しました。

 散骨はお墓を建てるより断然安く、ご遺族のかたの背負ってきた負担を軽減できる葬法です。思い悩んで遺骨を捨てるという前に、粉骨・散骨という選択肢を知ってほしい」(以下「」内、舘山さん)

 まだちょっとよくわからないというあなたのために、舘山さんが骨の話をあますことなくしてくれた。

 粉骨は四十九日後、散骨は数年後というケースも。

「粉骨(散骨を希望)をするのは夫婦や親きょうだいなど“近しい”関係の遺骨がほとんど。粉骨の問い合わせは火葬後すぐにいただきますが、実際に粉骨されるのは四十九日が終わってからですね。散骨は天候や場所、遺族の都合に合わせるため、数年後に行うケースも多いです」

 海洋散骨の場合、冬は海が荒れるので春以降に行うことが多いという。遺骨は郵送でも発送可。だが、持ち込みが多い。なお、日本では遺骨の送付は郵便局でのみ受け付けている。

「お客様のほとんどが郵送かと思ったのですが、7割以上が持ち込み。ちゃんとやっているか、見届けたいのでしょう。指輪や金歯など遺品はすべて返却します。分骨用にも遺灰を小分けしてお渡ししているのですが、佃煮の空き瓶を2つ持ってこられたかたもいました。骨壺は個人情報を消去し、こちらで処分しています」

 また、地域によって骨壷に違いがあるという。

「東日本はすべての骨を骨壺に収めるため七寸壺を使いますが、西日本は喉仏や頭など主要部分の骨を入れるため、少し小さめの五寸壺を使用します」

 さらに、投薬で骨は色づくということも覚えておきたい。

「骨を見れば、だいたいその人の最期がどうだったのかがわかります。青やピンクに着色されているのは、がん治療の投薬によるもの。長期にわたりつらい闘病をされてきたかたは骨はすかすかで、平均的な大人の骨(約2kg)の半分、1kgくらいしかありません」

 なかには遺骨がカビていたり、埃を被っている場合もある。

「そういう遺骨を見ると、遺族の苦しみが見えてきます」

 また、骨の重さが変わり、戸惑ったこともあるという。

「骨壺から出し、粉骨する前に骨の重さを測量するうち、どんどん重くなっていくことがあります。最初は魂が戻ったのかと焦ったりもしましたが、結局、骨は湿気を含みやすいということがわかりました。作業中は極力湿気を除外しています」

 ちなみに、粉骨だけを行う粉骨代行は、骨壷の処分や送料などもすべて込みで2万5000円。

「また“遺灰をもらっても自分で散骨できない”という声を受けて、散骨代行も始めました。散骨代金は東京湾へは2万5000円。沖縄へは3万5000円。ハワイへは8万8000円です(すべて粉骨も含んだ値段。ただし代行が原則なので同行はできない)。

 遺族のかたに安心していただくために、どこに散骨したか、誰に依頼したかなど、散骨証明書をお出ししています。散骨の様子を写真に収め、海洋散骨の場合はGPSで位置を記録します。というのも、奥さんを先に亡くしたご主人が、同じ場所で散骨してほしい、という依頼があったからです」

※女性セブン2016年2月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遺骨を庭に埋めることは刑法違反 「死体遺棄罪」に該当する
5人に1人が「墓はいらない」 海、樹木、宇宙への散骨方法
海洋葬 合同散骨は10万5000円、一艇チャーターで15万7500円

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP