ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

業界内でも高評価 au「三太郎」CMヒットの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、CM業界の現状を分析。

 * * *
 かつてソフトバンクの「白戸家」シリーズがそうであったように、多くのCMコンテストや好感度調査において、KDDI/auの「三太郎」シリーズがトップを独占、独走していることは皆さん、ご存知のとおりだ。

 松田翔太が桃太郎、濱田岳が金太郎、そして桐谷健太が浦島太郎に扮しているのが「三太郎」シリーズ。

 実はCM業界では、その前から、多くの人に馴染みのある「昔話」を取り入れるのがトレンドとなっていた。たとえば昨年、CMコンテストで好成績をおさめていたのは小栗旬が出演する「ペプシネックス ゼロ『桃太郎』Episode ZERO」だった。今年も続編が出品され、その出来はやはり「素晴らしい」「お金がかかっている」「センスもある」と高評価だ。

 同じく桃太郎が出て来る「三太郎」シリーズに、「二番煎じ」という酷評がほとんどみられなかった理由。それは、三太郎に加えて、菜々緒が扮する乙ちゃん(乙姫)や有村架純が扮するかぐちゃん(かぐや姫)、さらには、若手俳優でもっとも勢いがある菅田将暉を鬼ちゃんと次々登場させたことだろう。

 この年末年始からオンエアされ、彼らが総出演する「みんながみんな英雄」篇のCMソングは、出産後、初めて録音したというAIが歌う同名曲。これまた多くの人に耳馴染みがあるフォークダンスの名曲『オクラホマミキサー』をアレンジしたものだ。

「昔話」もまた新たに加わった。『おむすびころりん』『ツルのおんがえし』『笠地蔵』『金のオノ銀のオノ』『シンデレラ』など、和洋の昔話を段積みしてきたのである。

 複数のCMクリエイターが揃って言うことには「三太郎シリーズ」は「久々に勢いを感じる作品」とのこと。

 東日本大震災以来、「不謹慎」「自粛」という言葉で身動きがとれなくなったのは、テレビ界よりも広告業界で顕著だった。加えて、2020年に東京で開催されるオリンピックとパラリンピックに向けて、スポンサー企業は、これまで以上に優等生的なCMをクリエイターたちに依頼するようになっていると聞く。

 CMをトイレタイムにしたり、スキップしたりせずに何本かご覧いただきたい。ホロッとさせられる作品や、家族をテーマにしたCMがいかに増えているかがおわかりいただけると思う。

 もうひとつ、コピーや映像の評価よりも、大物タレントを起用した作品のほうが人気CMになってしまうという傾向もある。双方のバランスがとれているということで一昨年も昨年もプロから高い評価を受けたのは、山田孝之が出演するジョージアのCMだった。

 が、某コピーライター氏は「大物芸能人を出せばいいという傾向には僕たちも辟易しているんだけど…」とボヤいていた。

 現場の声はそうでも、大物芸能人の起用がクライアントの要望であれば、それはしかたがあるまい。

 テレビCMにおける安定傾向は、朝ドラ=NHKの連続テレビ小説で人気を博した俳優たちが持てはやされていることでもわかる。最近の新作CMは、たとえば女性タレントなら、件の有村架純や吉田羊、松岡茉優ばかりと言っても過言ではないのだが、『あまちゃん』『純と愛』『あまちゃん』…と全員が朝ドラで名を上げた人たちである。

 みずほグループのように、『マッサン』の玉山鉄二、『花子とアン』の鈴木亮平、そして『あまちゃん』の福士蒼汰が共演しているCMもあるし、『花子とアン』で鈴木亮平と夫婦役をしていた吉高由里子は三井住友銀行のCMキャラクターだ。

 これでは、作り手側はつまらないだろうなぁ…、創作意欲もわいてこないかもしれないなぁ…とお察しする。

 そんななか、若手俳優が多数出て来て、何やら楽しそうで、しかも量産ということで、あの「白戸家」シリーズにはやや劣るものの、次々と新作を世に送り出している「三太郎」シリーズは、関わっていない広告関係者までもが「良かった」「これをいま評価しないでどうする」と声を揃えるのだ。

 一方で、「これまでホントに好き勝手やってきた」(某関係者談)し、長年、高い評価を受けている作品を多数手がけてきた著名なクリエイティブディレクターのチームが、「やや飽きられてきたのかも」という見方も関係者の分析にはあるそうな。

 とはいえ、そのチームが手がけ、あばれる君、いとうあさこ、今田耕司、椿鬼奴、堤下敦ら、お笑い芸人を次々起用し、ホロリとさせているサントリーBOSSの「宇宙人ジョーンズ」シリーズはまだまだ高評価。もちろん、ソフトバンクの「白戸家」シリーズも、ライバルのKDDI/auに敗れたから目立っているだけで、好感度が落ちたわけではないだろう。

 いずれにせよ、KDDI/auの「三太郎」シリーズは当分のあいだ、トップを走り続けるに違いない。作品の素晴らしさはもちろんだが、CMコンテストにおける高評価は、「ライバル不在」が最大の理由であるようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
向かいで体育座りするYURI どこを見ていいのかドキドキする
久しぶりに会ったYURI 僕にとびっきりの笑顔を見せてくれた
謎の美女・新シリーズ「美咲の森」 憂いに溢れた美咲の横顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP