ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

球界自主トレ派閥「創価大」「ウチザイル」「シマップ」等

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球の自主トレが始まった。野球協約では、12月1日から1月31日までがポストシーズン。その間は球団主導による試合や練習、技術指導が禁じられる。そのため選手たちは自らトレーニング場所を確保して、2月1日のキャンプインに備える。それが自主トレだ。複数の選手で集まって行なう合同自主トレも珍しくないが、出身校で繋がっていることも多い。西岡剛や中田翔等の「大阪桐蔭グループ」が、合同で自主トレをしている様子をスポーツニュース等で見たことがある方もいるだろう。

 大学で結束力があるのは、ヤクルトのライアンこと小川泰弘ら7人が参加する「創価大グループ」。

「今秋のドラフトの最大の目玉、田中正義投手もいるなど創価大は無視できない存在。今後ますます拡大する可能性があります」(スポーツ紙アマチュア担当記者)

 創価大だけでなく「日大グループ」も先輩後輩で行動を共にしている。同じサイドスロー投手のヤクルト・館山昌平と西武・十亀武に、プロ入り3年目を迎えるオリックスのドラ1投手、吉田一将が合流している。

 宮崎の自主トレでEXILEのヒット曲『Choo Choo TRAIN』のダンスのようなポーズで存在感をアピールしたのが、ソフトバンクの内川聖一を中心に集う「ウチザイル」の面々。同じソフトバンクの上林誠知、広島から小窪哲也、上本崇司、鈴木誠也、横浜の松本啓次朗が加わっている。

「もう一度優勝するため」と沖縄で合同自主トレしているのが、楽天の嶋基宏ひきいる「シマップ」の面々。メンバーは楽天の後輩たちで、哲朗、桝田慎太郎、銀次、中川大志がいる。

 変わり種は昨年のトリプルスリー・山田哲人の自主トレ軍団。なぜか愛媛・松山で行なっているが、

「かつてヤクルトの先輩で、いつも松山で自主トレをしていた宮本慎也の『宮本塾』にいた連中で集まっている。ここには巨人の坂本(勇人)が来たこともある。寺内崇幸(巨人)はその時に一緒に来た名残で、今も松山を訪れています」(ヤクルト担当記者)

 自主トレは単にコンディション作りだけではなく、深い意味を持つ重要な行事なのである。

※週刊ポスト2016年2月5日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
球界自主トレ最大派閥「糸井ファミリー+熱男グループ」
G坂本「監督へのあてつけ」でヤクルト宮本と合同自主トレか
自主トレ派閥 大阪桐蔭軍団に変化発生、「むさい男塾」結成

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP