ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一見なんの変哲もないパーカーが実は超便利!アメリカで話題の◯◯パーカーって⁉︎

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回、The Huffington Postが紹介したパーカーのアイデアがすごい。

きっと旅人なら、いや旅人に限らず授業中でも、電車内でも友達の家でもすさまじい体勢で寝て、首を痛めた経験は誰にだってあるでしょう。

私もその中の一人。顔にセーターの線が綺麗に入ってたことが何回あったことか。

高校生、大学生時代にこのパーカーに巡り合っていれば線を気にすることなく、トイレで何分も化粧でごまかす必要もなかったのに!

まぁ無意味なぼやきはここらへんにします。

 

開始2ヶ月ですでに3,000人以上の購入希望!

HYPNOSさん(@hypnoshoodie)が投稿した写真 – 2016 1月 1 7:14午後 PST

正式名称「ヒプノス・スリープ・フーディ」はアメリカ人、ジョシュ・ウードルが提案したもの。

クラウドファンディングですでに多額の出資を受けていて、2015年から開始したプロジェクトはすでに3,000人以上の人が購入を希望し、アメリカで超話題になっているんです。

その名も「どこでも寝れるパーカー」!

なにが従来のものと違うんでしょう?

 

今までは睡眠グッズってこんなものでした。

1422869586_5fc199898b_z

photo by 1lenore

今までに一度は見たことがある旅行用枕ってこんな感じでしたよね。

違いといっても中身がビーズとか空気を入れるタイプとか、高級なものだったらテンピュールとかそれくらいの違いでした。

その他だと暗いところでしか寝れない人はアイマスクが必要だったり静かじゃないといけない人は耳栓が必要だったり

全部合わさって最近だとこんなものも。

15266929048_2121d7af45_o

photo by Speaker resources

さすがにこれは持ち歩かないですね。

 

ヒントは浮き輪?

3586486231_c3b3c8139a_z

photo by wyldwest

そう、海に行った時浮くあれです。プカプカと水の中を浮いてすごく気持ちが良いですよね。

ちょっと遊び疲れたりするとそれを◯◯にして寝たりしますよね。

 

そう、いつでもどこでも。

HYPNOSさん(@hypnoshoodie)が投稿した写真 – 2015 9月 19 6:30午後 PDT

では答え合わせです。このパーカーのすごいところはフードのなかに空気を入れて膨らませることができるクッションが入ってるんです。

つまり、日常はパーカーとして使用し、移動時間や空港など寝たいタイミングで空気を入れればたちまち枕が登場するんです!深くかぶればアイマスク代わりに、いつも左を向いて寝るなんてはフードを被らずに左側にセットすればいいんです。

その吹き込む息の量は時間にして3秒ほど。フードに内蔵された空気枕は高さ約24センチ、幅約38センチと大型。

しかも「どの角度に頭を傾けても、すっぽり覆うよう人間工学に基いたデザインを追求し空気を抜いたときには薄く軽量で、フードの重さで肩がこることはない」というこだわりっぷりだからすごい。

まとめ

いかがでしたか?

旅人が荷物をできるだけ最小限に抑えたいのは紛れもない事実。この問題で何億人の旅人たちが苦しんできたことでしょう。

上着にもなってどこでも枕が登場しちゃう、しかも見た目もシンプルで洗練されたデザイン。

こんなクールな商品を見せたら旅先でも人気者になること間違いなし!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。