体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本を出たこと、一度もなし。吉本に勤めていたOLが、ワーホリと世界一周に出るまで

今からさかのぼること約3年前のこと。

私はそれまで、海外に興味が沸いたことなんて一切ありませんでした。一度も海外に行ったこともなければ、世界一周なんて頭をよぎったことさえもない、どこにでもいるようなOLでした。

そんな私が、とあるきっかけで海外に興味を持ち始めた結果、初海外でいきなりワーホリ、その後世界一周の旅をするという奇想天外な結果になった経緯を今回はご紹介したいなと思います。

 

お笑い会社勤めのOLだった私

20150919 1107

photo by peco

私は短大の栄養系学部を卒業後、大阪の某お笑い会社にて働いていました。表舞台に出る側ではなく、会社内でパソコンとにらめっこする、裏方です。

イベントや祭、LIVEの空間が好きだった私は、イベントプロデューサーになりたくて、入社後いつしかその夢を叶えるべく、私自身に与えられた仕事に努めながら模索する日々を送っていました。

 

そんな中での現実と、最前線でプロデューサーとして活躍したい!という意志が少しずつ、業界とは違うジャンルに向いていきました。

それが、私自身が学生時代に学び、その後、世界の旅のテーマとして掲げて見て学んでいた『食・農業』についてです。

夢を叶えるために、ゼロから出直して勉強しようと、退職することを自分の中で決めました。

 

世界を歩いた仲間たちの生き様に憧れて

20150919 033

photo by peco

そんなことを考えていた私は、同じ時期に、仕事とは別で、NPO団体の活動に参加していました。その時出会ったメンバーが、私の興味アンテナを大きく動かしてくれました。

世界一周旅した人、留学した人、ワーホリした人、海外へ旅に出る人…

自信を持って人生を歩んでいる彼らの話を聞いているうちに、そんな考え方や生き方等に強く惹かれていく自分がいました。

 

人をそんな風にさせる海外って、絶対面白いやん!と思い、それならいっその事、海外に出て勉強してみたくなったのです。

しかし、いざ覚悟を決めてワーホリに行くことを決めたものの、心中は不安でいっぱいに。

 

背中を押してくれた一冊の本

s_negativespace-10
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy