ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本を出たこと、一度もなし。吉本に勤めていたOLが、ワーホリと世界一周に出るまで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今からさかのぼること約3年前のこと。

私はそれまで、海外に興味が沸いたことなんて一切ありませんでした。一度も海外に行ったこともなければ、世界一周なんて頭をよぎったことさえもない、どこにでもいるようなOLでした。

そんな私が、とあるきっかけで海外に興味を持ち始めた結果、初海外でいきなりワーホリ、その後世界一周の旅をするという奇想天外な結果になった経緯を今回はご紹介したいなと思います。

 

お笑い会社勤めのOLだった私

photo by peco

私は短大の栄養系学部を卒業後、大阪の某お笑い会社にて働いていました。表舞台に出る側ではなく、会社内でパソコンとにらめっこする、裏方です。

イベントや祭、LIVEの空間が好きだった私は、イベントプロデューサーになりたくて、入社後いつしかその夢を叶えるべく、私自身に与えられた仕事に努めながら模索する日々を送っていました。

 

そんな中での現実と、最前線でプロデューサーとして活躍したい!という意志が少しずつ、業界とは違うジャンルに向いていきました。

それが、私自身が学生時代に学び、その後、世界の旅のテーマとして掲げて見て学んでいた『食・農業』についてです。

夢を叶えるために、ゼロから出直して勉強しようと、退職することを自分の中で決めました。

 

世界を歩いた仲間たちの生き様に憧れて

photo by peco

そんなことを考えていた私は、同じ時期に、仕事とは別で、NPO団体の活動に参加していました。その時出会ったメンバーが、私の興味アンテナを大きく動かしてくれました。

世界一周旅した人、留学した人、ワーホリした人、海外へ旅に出る人…

自信を持って人生を歩んでいる彼らの話を聞いているうちに、そんな考え方や生き方等に強く惹かれていく自分がいました。

 

人をそんな風にさせる海外って、絶対面白いやん!と思い、それならいっその事、海外に出て勉強してみたくなったのです。

しかし、いざ覚悟を決めてワーホリに行くことを決めたものの、心中は不安でいっぱいに。

 

背中を押してくれた一冊の本

photo by negativespace

そんなある日、行きつけのbarに立ち寄りました。

いつも通りまとまりの無い私の話を聞いてくれた後に、オーナーがある一冊の本を渡してくれました。

それは今わたしがライターをしている、TABIPPOが作った『僕らの人生を変えた世界一周』。

軽く目を通すつもりが、あっと言う間に引き込まれ、気がつけば終電に。お酒を嗜む人たちの喧騒も耳に入らず、貪るように読んでいました。

地に足をついて前へ進んでいく彼らの旅物語は、不安でいっぱいになっていた私に「絶対頑張る」という覚悟を与えてくれました。

 

初のパスポート取得。いざ、オーストラリアへ

photo by peco

準備はパスポート申請から始まり、ビザの申請、航空券の予約、仕事の引継ぎから退職と…全部が初めましての出来事でした。

が、これまでも「なんとかなる、なんとかする」で生きてきた人間なので、とりあえず言われるがままに購入した地球の歩き方を参考に、サクッと準備は完了しました。

 

そして、5年間住んでいた家を引き払い、実家へ戻って、いざ出発の日。といっても、自分の中でもどこか遠足気分のような、結構軽い感じで出発しました。

余裕なのも束の間、飛行機に搭乗して数時間、貰った手紙を読みながら一気に不安が襲い大号泣…

 

と言うのも初の国際線、消灯後も飛び続ける飛行機(当たり前ですが)、オーストラリアへ向かう日本人以外の異国感を味わいながら明け方まで涙が止まりませんでした。

今となっては私の分岐点ともなる、良い思い出です…

 

涙のスタートからの、忘れられない出来事

ともあれ、無事明朝に到着。

しかし、初海外。海外のコミュニケーションも知らない、英語もろくに喋れない、バックパックを背負った私。

当然イミグレーションは、ちんぷんかんぷん。「OK!OK!!!」を連呼し続けた私に、審査官は苦笑いしながら、入国を許可してくれました。

 

日本人も居たと思うのですが、自分のことに必死だったのと、無事にゲートを出られた安堵感に浸る私。

気づけば同じ飛行機に乗っていた人は既に居らず…空港から街中へ出るバスがどれなのか分からず、尋ねることも出来ず右往左往すること約3時間。

 

やっとこさで辿り着いた時に、バスの運転手さんが「ずっと迷ってたんだね!このバスに乗りたかったんだね!」とハグしてくれたのは、今でも忘れられない思い出です。

 

「世界一周するんだな。」と覚悟した瞬間

photo by peco

バッパーでの宿泊、買い物をする、言葉…全てのことがまるで異次元。

そんな中でも、日々の出来事全部が、暮らすためには乗り越えなければならない試練と思いながら、1つ1つに体当たり。

 

その後無事にシェアハウスを見つけ、暮らしが始まりました。

少しずつ慣れてきた頃には、毎日自分で料理レシピを考えて記録、オーストラリアにある野菜や果物を食べてみたり、簡単な英語の勉強をして、仕事をして…そんな暮らしの日々でした。

 

暮らしにも少し慣れた頃、私が住んでいたシェアハウスに居た、日本人のお兄さんが実は世界を巡っていた旅人だと知り、写真やブログを見せてもらう中でワクワク指数上昇。

「あ、世界一周するんだな私…」そんな気持ちからか、覚悟がスッと決まりました。

そんなことで、世界一周することが新たに私自身の目標として掲げられました。

 

いざ出発の日、人生初の搭乗拒否

photo by peco

長らく住んでいた街を離れ、別の地域に住んでいる友人らを訪ねて観光。旅の前哨戦のような1週間を送り、皆と別れていざ出発の日。

この頃には必要なことを英語で伝えられるようにはなっていたし、1年間海外で暮らしたことも自信になり、意気揚々と空港に向かいました。向かうは北米カナダ。

そこでハプニングに見舞われ、結果搭乗できず…

 

このまま日本へ帰国することも頭をよぎったのですが、意地でも今日中に出発してやる!という気持ちが勝ったため、空港内にあった旅行会社にて相談し、慰められながらも航空券を予約してもらい、無事に最終便にて出国しました。

そうして私の世界一周、「世界わっしょい旅日記」と題した旅がはじまります。

 

暮らすように旅をするスタイルで

photo by peco

無事にカナダに着いて以降は大きなトラブルもなく、日本へ戻ってくることが出来たのですが、私は旅をしながら、現地で『食・農業』に触れていました。

大きくは、カナダのヤギ農家でWWOOF、ペルーで家庭料理を教わる、ブラジルの弓場農場生活、ベトナムの有機農場で農業と食問題の研究をしていました。

同時に、現地で郷土料理を食べ、スーパーマーケットやメルカドに張り込んで調査し、出会った人に食事情を聞いてみたりと、日常の食生活を自分なりに調べていました。

 

その中で、日本の食問題に対して必要なこれからの取り組みであったり、私自身が大事にしたいこと等が少しずつ見えてきました。

結果見えたものが多くなりすぎて、あれもこれもな状況になっているのですが、自分の五感で体得できたことが、この先に繋げていける手札になったことは間違いありません。

まとめ

海外に全く興味が無かった私が経験した、海外生活。

普段から物事を決断する覚悟をすんなり決めれるタイプの人間なのですが、この旅をしたことは、大きな財産となりました。

 

勿論、この先私自身の夢をかなえるには、準備も含めて必要なことだらけなのですが、どんなことであれ、思ったことに対して覚悟して動けるかどうかでその先も変わってくるのだなと改めて感じます。

 

最初の一歩を踏み出すのは大きな覚悟と勇気が必要なことかもしれませんが、その先に得られる失敗も全て含めて、最初のエネルギーをはるかに越えるものが自身に返ってくるものだなと思います。

私は海外生活や旅を通じて得られたものをこの先に生かしつつ、旅しながら生きる感覚を持ちながら過ごしていこうと心にしています。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP