体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「メルボルン」の厳選観光地まとめ!私の生まれ故郷を紹介します♡

HELLO~そして初めまして!TABIPPOのリサです。私はオーストラリアで生まれ育ち、12歳までメルボルンに住んでいました。

そんな故郷だと長年思っていたメルボルンが、今年の夏、7年ぶりに訪れてみたらまるで違うところの様でした。確かに7年も経てば開発も進み、新しいビルなどができる。

 

しかし、それとは逆に全く変わらず、昔の形のまま残っているところもあります。!そこで私が当時住んでいたメルボルンでの観光の思い出の場所を紹介したいと思います。

 

フリンダーズストリート駅(Flinders Street Station)

メルボルン 観光(フリンダーズストリート駅)

Photo via Tan Cheng Joo

メルボルンはシドニーに次いで第二に人口の多い都市であり、天候では一日に四季があるような日格差が激しく、夏では40度近くまで上がるときもあります。私が住んでいた時、真夏なのに寒くて暖房入れる日もありました。

メルボルンの中心と言えばCITY(シティー)!グルメもショッピングも満喫できるおすすめスポットです。そんなCITYにアクセスするのに必ず使うと便利なのがフリンダーズストリート駅です。日本でいう東京駅に似ていますね!

 

1903年に完成して以来メルボルン観光のシンボルでもあり、一日に25万人が利用するだそうです。すぐ近くにはフェデレーションスクエアという広場やセント・ポールズ大聖堂もあり、伝統のある100年前からある建造物も現代のスタイリッシュな建物もたくさん見ることができます。

 

ライゴンストリート( Lygon Street)

メルボルン 観光(ライゴンストリート)

Photo via Reinis Traidas

別名LITTLE ITALY!!リトルイタリー!小学校の時の第二外国語としてイタリア語を学んでいて、よくこのライゴン通りを遠足で訪れていました。

メルボルンにはイタリアの移民も多く、カフェやケーキ、ジェラートといったイタリアの雰囲気を味わうことができるところです。イタリア語も飛び交っていて、イタリアの街並みも楽しむことがで多文化社会なオーストラリアを楽しむのにぴったりな場所です。

 

セイントキルダビーチ(St.KildaBeach)

メルボルン 観光(セイントキルダビーチ)

Photo via Chris Leishman

メルボルンといえば海です!夕方はウッドデッキに座りながら夕日も名が見えるのにもってこいの場所です。小さい時によく遊んだビーチであり、思い出もたくさんあり、友人や家族、彼氏彼女ともきっといい思い出が作れるはずです。

近くにカフェもあり、海風を浴びながら、朝食やアフタヌーンティーも楽しめます。また港のほうにもいくと目の前に広がる海を眺めながら、ラッキーな時はなんとペンギンさんに会えるかもしれないです。

 

ハイティー(HIGH TEA)は絶対ここ!

メルボルン 観光(ハイティー)
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。