ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月1万円台でレンタルできる「防音室」ってどんなもの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

家族や隣近所を気にせず、自宅で思いっきり演奏したい。心ゆくまで音楽に没頭したい。そんな願望をかなえてくれるのが、そう「防音室」だ。だが、実際に設置するとなると費用面はもちろん、スペースの問題もあってなかなか難しい……。
と、思いきや月1万円台からレンタルできて、ワンルームでも設置できる防音室があるらしい。
ワンルームでも設置できるコンパクトサイズ

「防音室設置なんてお金持ちの道楽」かと思っていたが、月1.3万円からレンタルできるなら十分検討の余地はある。果たしてどんな人が利用しているのか? 防音室『セフィーネNS』のレンタルサービスを展開するヤマハに聞いてみた。

「利用される方の多くは楽器の演奏が目的です。レンタルできるのは小型タイプの防音室になりますので、管楽器や弦楽器、ギター、ボーカルなどが中心ですね。ほかにはオーディオルームや、机とパソコンを置いて書斎にされるケースなどもあり、これまでに約4000人のお客様にご利用いただいております」(ヤマハミュージックジャパン・鈴木富士人さん、以下同)

なお、こちらの防音室は組み立て式で設置する建物への工事が必要ないため、賃貸住宅で利用している人も多いようだ。
「レンタル用は0.8畳~2.0畳ほどのスペースしかとりませんので、ワンルームでも十分設置できます。組み立て式なので引越し先にも持っていけます。レンタル料は0.8畳タイプで月額1万3000円、2.0畳タイプで月額2万1600円。(※金額は税別)その他1.2畳と1.5畳タイプもあります」

ちなみに、レンタル期間は最短15カ月~最長48カ月。レンタル中の防音室は購入もできるとか。

「それまでにお支払いいただいたレンタル料がそのまま充当されますので、残額のご精算でご購入いただけます。例えば、最長の48カ月までご利用いただいた場合には、レンタル料1カ月相当額の追金のみでご購入いただけます。実際レンタル品をそのままご購入される方は多いですね」「滝の音」レベルのボリュームが「普通の生活音」程度に

さて、気になるのはその効果だが、セフィーネNSレンタル品の遮音性能はDr-35(※)、つまり、生の音から35dB(デシベル)の音量を低減してくれるとのこと。(※販売用にはDr-40もある)

「例えばピアノの音が90~95dBといわれ、地下鉄や滝の近くと同等のボリュームです。ここからマイナス35の55~60dBになると、テレビや会話など普通の生活音程度まで下がります。隣近所に対しては自室の壁もありますので、マンションでもほとんど音漏れしないレベルですね。また、防音機能だけでなく、室内での音の響きにも特徴があります。壁の数カ所に最新の「調音パネル」が装備されていて、楽器の特性や好みに合わせた響きを調整することが可能です」

というわけで、最新の防音室は思ったより手軽で安価なうえ、高機能だった。楽器をやらなくても、カラオケなどのリフレッシュルームとして導入するなど、幅広い用途に使えそうだ。●取材協力
ヤマハミュージックジャパン
元記事URL http://suumo.jp/journal/2016/01/29/104998/

【住まいに関する関連記事】
こんなに機能が充実! 最新のシステムバスルーム3選
@cosmeメンバー1000人大調査 「約7割の女子が『ながら美容』」その実態は?
寒いお風呂とサヨウナラ!築30年の一戸建てに浴室暖房乾燥機を設置してみた
アレがあると約2万円増し!?家賃を左右する条件とは
たたみ一畳の防音こもり部屋「だんぼっち」ってどう?

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP