ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

北海道では冬に「暖房手当」支給って…ウソ・ホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1月になり本格的な真冬の寒さがやってきた。東京の街中を見ても厚手のアウターでがっちり防寒をする人たちばかりだが、雪国・北海道の人はどうやって真冬を過ごしているのだろうか?
市町村によっては暖房費補助が出ることがある

北海道には住宅や暮らしに関するさまざまなうわさがあるのだが、それらが事実なのかを調べるため、ウェブサイト『北海道で暮らそう!』を運営するNPO法人住んでみたい北海道推進会議の熊谷さんに詳しい話を伺った。

まずは住宅に関するうわさ。水道管を凍結させないために「水抜き」するというのは本当なのだろうか?
「エリアや住宅によっては本当です。昔は毎日寝る前に水抜きをしていたようですが、最近は設備の性能がよくなっているので、水抜きが必要ない住宅も増えています」(熊谷さん、以下同)

また、北海道は行政から灯油代などの暖房費補助が出るというのは本当なの?
「所得の低い世帯などに補助が出ることもありますが、市町村によって異なります。ただし、灯油が高騰したときに制度ができたケースが多く、最近では行っていない市町村が多いようです。また市区町村ではなく、勤め先の会社から『暖房手当』や『灯油手当』などの名称で支給されるケースもあると思います」

暖房費補助が必要になるほど灯油を消費するなんて信じがたいかもしれないが、熊谷さんによると、一戸建て住宅の外には灯油タンクが設置されていて、あらかじめ契約した灯油販売会社が定期的に巡回し補充してくれることがあるのだとか。ただし、これは地域や灯油販売会社によっても異なりそう。場合によっては、電話注文をしてから、灯油を補充してもらうこともあるだろう。ちなみに集合住宅でも、灯油タンクや大きいガスボンベが複数設置されていて、定期的に補充もしくは交換されているそう。まだまだ少数派ではあるようだが、最近では薪ストーブを導入する新築も増えているとのこと。ちなみに、玄関には「玄関フード」と呼ばれるものが設置されていて、玄関が二重になっているそうだ。積もった雪は業者が大型トラックで雪捨て場へ運ぶ

朝起きると、北海道でも豪雪地帯では雪が2階まで積もっていたといううわさもあり、さすがにこれは嘘のように思える。しかし、記録的な豪雪が観測されるようなときなら、そうなる可能性は十分あるそう。熊谷さん本人も幼いころに1度だけ、2階まで積もった雪で玄関が開けられなかったことがあったらしい……。

住宅によっては、屋根に積もった雪を処理するために「雪おろし」と呼ばれる作業をすることもあるのだが、大量に集まった雪はどうしているのだろうか?
「住宅の敷地内に積み上げておきます。融雪槽などを設置し、処理していることも。また、道路を除雪した雪は道路脇に山積みになっていて、ある程度山が高くなると行政から委託された業者が大型トラックで雪捨て場へ運んでいきます」

ちなみに、道路の坂道には「ロードヒーティング」と呼ばれる融雪・凍結防止の機能が備わっているところもある。しかし、大半の道路は大雪が降ると雪が残ってしまうこともあるそう。そのせいもあってか、道路の中央線が分からなくなり、“なんとなく”で車を運転することもあるとのこと。北海道あるある、これって本当?

前述以外にも北海道のうわさが多々あるので、以下にまとめた。

・室内ではTシャツ1枚で過ごすって本当?
「全員がTシャツ1枚で過ごしているとは思えませんが、一般的に温度設定が高めの家が多いのでTシャツ1枚で過ごせる環境の家庭もあるかもしれません」

・外でぬれたタオルをまわすと凍るって本当?
「一瞬で凍ります」

・北海道の人は雪道でコケないって本当?
「コケないは言い過ぎですが、おのずとコツが身につくので本州の人よりはコケる頻度は少ないと思います」

・日高山脈から西側はスキー、東側はスケートが盛んに行われているって本当?
「一概には言えませんが、東側のほうがスケート授業を行う地域は多いそうです。グラウンドや湖をスケートリンクとして整備して、スピードスケートをしています」

ちなみに北海道では、クリオネを捕ってきて冷蔵庫で買ったり、親が引っ張るソリで幼児が登園したり、お年寄りはソリを持って買い物に行き、購入した物をソリに載せて帰ってくるなど、雪国ならではの冬の過ごし方が多々あるそうだ。

雪があまり降らない地域の人にとっては、信じられないようなことも多い。しかし、北海道ではこれが当たり前の冬の過ごし方なのかもしれない。●取材協力
『北海道で暮らそう!』運営元:NPO法人住んでみたい北海道推進会議
元記事URL http://suumo.jp/journal/2016/01/29/104996/

【住まいに関する関連記事】
鼻毛も凍る寒さ!? 極寒の旭川に、東京でも使える寒さ対策を学ぶ
知ってた?やってる? ぐっすり眠れすぎる「正しい毛布の使い方」
雪で窓ガラスが割れることも!? 豪雪地帯の雪対策に迫ってみた
落下を防ぎ、命を守るための、屋根の雪おろしの注意点
寒い冬もぐっすり寝たい! 眠りのプロに聞く「安眠のコツ」

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。