ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高知のひろめ市場が楽しすぎる!おすすめのグルメスポット5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

高知県のひろめ市場は、約60ものお店が軒を連ねる屋台村です。

高知の旬の食材からエスニックまで幅広グルメがイートインコーナーで味わえます。平日昼から地酒を飲んで、地元の人と盛り上がれるのも楽しみの一つ、高知に来たら是非立ち寄りたいスポットの一つです。

以下では、このひろめ市場のグルメスポット5選をご紹介します。 ひろめ市場

TEL/088-822-5287

住所/高知市帯屋町2-3-1

営業時間/8時~23時(日は7時~)※店舗の営業はそれぞれ異なる

定休日/元旦、1・5・9月の第2または第3水

アクセス/JR高知駅より南西へ徒歩15分

駐車場/220台(基本料金60分300円、30分超過毎100円)

1、明神丸

ひろめ市場にきたらまずはここ!パフォーマンスと味で本場の実力を見せつける!

地元の天日塩を使いユズ酢でさっぱりといただく

注文を受けてから目の前で豪快にワラで焼き上げる

「漁師が釣って漁師が焼いた」というキャッチフレーズで知られるカツオのタタキの人気店。注文を受けてから、豪快にワラで焼き上げるタタキは、タレと塩の2種類の味が用意されています。地元の天日塩を使いユズ酢でさっぱりといただく味とパフォーマンスで本場の実力を見せつけてくれます。カツオ塩たたき(5切れ)は680円です。是非ご賞味あれ。

混雑時には長い行列ができるほどの超人気店!

明神丸

TEL/088-820-5101

営業時間/11時~21時(日は10時~20時)

定休日/ひろめ市場に準じる

「明神丸」の詳細はこちら

2、土佐凧

ひろめ市場で「海のギャング」を食する!

タタキ以外にもウツボの唐揚げも人気メニュー

高知の魚介料理をリーズナブルに提供してくれるお店。「海のギャング」ともいわれるウツボをタタキで味わえる珍しいお店です。

ウツボは、見た目とはうらはらに、プリンとした弾力のある食感で、ハマる人続出。ウツボはコラーゲン豊富なんですよ。他ではなかなか食べられないご当地グルメを堪能しましょう。

チャンバラ貝の煮付けも500円でおつまみに最適です。

土佐凧

TEL/088-824-4452

営業時間/10時30分~22時30分

定休日/木曜

「土佐凧」の詳細はこちら

3、くじら専門店 千松

ひろめ市場で希少なクジラ肉を食する!

4種盛り合わせ(3500円)

鯨竜田揚げ(1100円)

かつて捕鯨基地があったことから、高知で親しまれてきたクジラ。千松では、現在も独自の仕入れルートでクジラ肉を提供しています。滋味あふれるクジラ肉を使用した珍しい料理をご賞味ください。赤身、ベーコン、さえずり等が並ぶ4種盛り合わせは3500円、鯨竜田揚げ1100円、これらは子どもたちにも食べやすい味で、おすすめです。 くじら専門店 千松

TEL/090-8283-0007

営業時間/11時~22時30分

定休日/水曜

「くじら専門店 千松」の詳細はこちら

4、土佐の地酒市場 西寅

お酒好きにはおすすめ!高知の地酒100種類以上を楽しめる

写真の300mlから一升瓶まで揃っている

お酒好きが多いことでも知られる高知県。別名「酒飲み県」には18の酒蔵があり、淡麗辛口のお酒が多いと言われています。

ここ西寅では県内すべての蔵のお酒を取り扱い、オススメのお酒もアドバイスしてくれます。地酒300ml370円とお値段もリーズナブル、自分用におみやげ用にも最適です。もちろん、一升瓶も数多く取り揃えていますので、お酒好きには絶対外せないスポットです。 土佐の地酒市場 西寅

TEL/088-872-6676

営業時間/10時~18時30分

定休日/なし

「土佐の地酒市場 西寅」の詳細はこちら

5、さきっちょ手羽先

ひろめ市場で乾杯するには欠かせないおつまみ!

手羽先ビールセット(900円)

ミルクラーメン(800円)

「さきっちょ手羽先」専用の揚げ油を使用することで、旨みが凝縮されて、フワッとカリカリに仕上げるサックリジューシーな手羽先が人気です。特製スパイスでビールも進みます!

締めには名物のミルクラーメン800円もおすすめ。マイルドな味わいで意外とやみつきになるミルクラーメンです。お得な手羽先ビールセット900円などセットメニューも豊富。 さきっちょ手羽先

TEL/088-822-9590

営業時間/18時~23時

定休日/不定

「さきっちょ手羽先」の詳細はこちら

まとめ

一度足を運んだらやみつきになること間違いなしのひろめ市場。ここには高知の旨いものが勢揃いしています。

※この記事は2016年1月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

日本酒造りを丁寧に解説!日本酒ファン必見の「北島酒造」酒蔵見学
九州人気温泉地ランク6位!グルメ&温泉で美肌を目指す!嬉野温泉の定番ドライブコース
東北に行ったらこれを買うべし!人気温泉地のおすすめお土産★

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP