体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpool、ムンクの名画「叫び」をモチーフとした大胆なアルバムJK写を解禁!

3月9日に発売が予定されている、flumpoolの約3年半ぶりのオリジナルフルアルバム『EGG』のジャケット写真がついに解禁された。

flumpool (okmusic UP's)

そのジャケットはなんと、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの代表作「叫び」をモチーフとして使用した内容。ムンクの「叫び」に描かれた人物と“EGG”(卵)の形態から着想を得て、“卵の叫び”をテーマにした大胆な作品となっており、メンバーの覚悟と決意の詰まったこのアルバムを象徴している。なお、初回限定盤は、卵の絵柄が記された透明のスリーブが付いた仕様となっており、そのスリーブから取り出すと、ジャケットにはもう一つの驚きがあるという、遊び心も満載の仕上がりとなっているようだ。初回限定盤は予約をして、確実にゲットしよう!

また、併せて公開された新しいアーティスト写真も、まるでムンクの作品であるかのようで、flumpoolメンバーの今回のアルバム『EGG』に懸ける意気込みと、作品に込めた心意気が伝わってくるようだ。

さらにアルバムの収録楽曲、曲順についても発表された。先日発表されたように、2015年にリリースしたシングル表題曲「とある始まりの情景 ~Bookstore on the hill~」、「夏よ止めないで ~You’re Romantic~」、ブルボン アルフォート『かんたんスモア』篇 TVCM ソング「DILEMMA」、そして昨年末の横浜アリーナ カウントダウンライブで初披露となった「明日キミが泣かないように」などを含む全14曲収録となっている。約3年半ぶりのこのアルバムには、「日頃思っていても言葉にできない言葉。伝えようと思っても伝えられない本音。メンバー4人の現在の意思をありのまま詰め込んだ作品」とメンバーは発言している。なお収録楽曲である 「産声」は、ベースの尼川元気が初めて作詞に挑戦。併せて作曲も担当した意欲作となっている。ジャケット写真だけでなく、中身の楽曲にもしっかりこだわった作品。名画ならぬ“名盤”となる予感が高まっていく。

さらに収録楽曲である「今日の誓い」は、ブルボン アルフォートミニチョコレート『メッセージデコ』篇 TVCMソングとなっており、そのCMも1月29日より全国で一斉にオンエアされる。昨年秋よりシリーズで続いてきた話題のCMなので、こちらも併せてチェックしよう。

flumpoolは今春2年ぶりとなる全国ツアー「WHAT ABOUT EGGS?」を行う事を発表したばかりだが、そのツアーに先駆けて、全国の皆さんのもとへ会いに行くという企画、「flumpool Winter Gathering 2016」の開催も発表している。 この後、2月10日に予定されているアニメ『亜人』主題歌であるシングル「夜は眠れるかい?」のリリースをはじめ、ますますflumpoolの動きから目が離せない。

【flumpool 山村隆太よりコメント】
「EGG」、3年半ぶりの、僕らflumpoolのアルバムのタイトルがなんで「卵」なのかって???
目の前にある「卵」をみて皆さんは、どう思いますか?
何かが産まれてくる希望?
それとも「君ってこういう人間なんでしょ?」と周囲から決めつけられた見られ方をしている
窮屈な殻に閉じ込められた存在?
中には、殻を抜け出しても外の世界にはなんの希望もないのに、、、なんて感じる人も…。

人それぞれ捉え方は違うと思うし、見た人、聴いた人の精神状態によって、どうにでもとってもらえるものがこのアルバムでありたいという願いからつけたタイトルです。

最近身をもって感じることは、今の世の中、無難な言葉や態度、音楽は誰も必要としていない。
だからこのアルバムには日頃思っていても言葉にできない言葉、今も伝えられるのに伝えられない本音。僕ら4人の現在の意思をありのまま詰め込みました。

だから聴く人の捉え方、返答を意識していません。
だって人を斬ることを恐れた刀を作っても意味がないのと同じで、
僕らが作ってるのは伝えるための音楽です。一人でも多くの人に。

だからこのアルバムを手に取って聴いた人自身が、
意味や価値を自由に決められるものであるべきだと思います。
言うなれば、身の回りにいる友達とか恋人とか家族で
自由にありのまま、時には耳が痛い言葉や想いを率直に伝えてくれる人には
こっち側も自由気ままに応じられたりするのと同じようなもの。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。