ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シャガールとコクトーのステンドグラスに出会える街、フランス・メッス旧市街

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【旅ブログキュレーションメディアHUGLOG(ハグログ)より寄稿】

バーデンバーデンを後にした我々は、パリに戻るべく帰路につく。

途中1泊したのは、モーゼル川とその支流セイユ川の出合うところに在る、ロレーヌ地方の「メッス」という町。

ロレーヌ地域圏(経済圏)の首府であり、モゼル県の県庁所在地・・・だそうだが、晩秋にさしかかろうとしている時季のせいだろうか? 閑散として寂しげな雰囲気が伝わってくる。

町を形成する建物のの多くが、ほのかな黄色味を帯びる石で造られているせいか? 「黄色い町」という印象も得た。

ここメスの中心となるサンテチエンヌ大聖堂は、見事なステンドグラスで有名だそう。

日没後も教会内が点灯していたらしく、外部からもその見事な「様」をうかがい知ることができた。日の短い季節は、こういう楽しみの時間も増えるわけだ。

内部をみてみよう。一見他によくみられる聖堂内と差異がないように感じるが、実は6500㎡。欧州随一のステンドグラスの面積を誇っている。

開口部分のほとんどにステンドグラスが施されている。生憎の曇天の日に訪れたが、鈍い陽光でもそのステンドグラスの存在感は圧巻だ。

もっと陽光のさしこむ日を選べば、また違った光に包まれ印象も変化するのかもしれない。

一部、マルク・シャガールが制作を担ったステンドグラスもある。

メッスにはもう1つステンドグラスで有名な教会がある。とても小さな「サン・マキシマン」という名の教会がそれだ。

こちらは、ジャン・コクトーが担ったステンドグラス。

シャガールとコクトーの作風の違い。大聖堂と町中の小さな教会の違い。そんな対比も楽しめるので、両方訪れることをお奨めする。

[寄稿者:Coemi]
このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/coemi/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP