ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅先の思い出も。あなたの「想い」を写真にのせて表現するという手段

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【写真を通じて、思いをかたちにするサイト「フォト総研」より寄稿】

友人や近所の人からちょっとしたお菓子やお花をいただいたとき、お世話になった方にお礼をしたいとき。そんな「ありがとう」や「うれしい」の気持ちを伝えたいとき、皆さんはどうしていますか?

もちろん、直接言葉にしたり、お返しのプレゼントを贈るのも素敵ですが、「想い」を表現する手段に「写真」という選択もあります。

例えば・・・お菓子をいただいたとき

お礼の言葉と一緒に写真を送ってみるのはいかがでしょう?

箱から出してお洒落にセッティング。一番魅力的に見える構図を探して撮った一枚は、きっと感謝の想いが伝わるはず。

例えば・・・日頃の感謝を伝えたいとき

身近な人に感謝の気持ちを伝えるのは照れくさいもの。なんでもない日に何かプレゼントするのも仰々しい感じがするし・・・。

そんなときは写真に想いを込めてみましょう。

感謝の意味を持つお花の写真を撮って、言葉を添えてみてください。言葉だけで伝えるより、可愛い写真に心も和みます。

例えば・・・一緒の思い出を共有する

筆者は、昨年たくさんの人とたくさんの場所を訪れたので、こんなものを作ってみました。

これは一部ですが、相手と関わった場所に合わせて作った新年の挨拶カードです。(昨年は喪中だったので「Happy New Year」は避けました。)

ハワイの海にはハワイ語で、ペルーのアルパカにはスペイン語で、ポートランドのバーには英語で・・・それぞれ一緒に共有した時間をカードにして贈ることで、それだけで特別な1枚になるような気がしませんか?

想いを写真にのせて伝えることができたらとても素敵。いただきものをする機会があったら、ぜひ写真に撮って相手に贈ってみてくださいね。

[Photos by maaya]
※無断で画像を転載・使用することを固くお断りします。Do not use images without permission.
[Photos by Shutterstock.com]

[寄稿者:maaya]
[フォト総研]

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP