体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オルタナティブロックを世界に知らしめたソニック・ユースの『Goo』

本作は、ソニック・ユースのメジャー移籍第一弾アルバムというだけでなく、オルタナティブロックの概念を世界中に浸透させた重要な作品だ。『Goo』のリリース以降、ニルヴァーナ、パールジャム、サウンドガーデンらが次々と世界的な大成功を収めることになるのだが、その先駆的な存在としてソニック・ユースが果たした役割は大きく、90年代以降のロックの方向性を決めたと言っても過言ではないだろう。本作が、オルタナティブロッカーたちにどれだけ大きな影響を与えたのかを考えてみたい。

Sonic Youth『Goo』のジャケット写真 (okmusic UP's)

メジャー vs インディーズ
音楽産業の巨大化が進む70年代中期、ロックはすでに若者のものではなく、お金を落としてくれる社会人(かつてのロック少年たち)向けの耳ざわりの良い音楽となっていた。もはやロックとは呼べない音楽ばかりがチャートを賑わすようになると、既成の音楽を破壊し、若者のものとして再構築するために新たな“ロック”が必要となった。そして、誕生したのがパンクロックである。
しかし、パンクロックもあっと言う間にメジャーのレコード会社にからめとられてしまう。反骨心を持つロッカーたちは、インディーズレーベルや自主制作で作品をリリースするようになり、一旦は各地域でのライヴ活動が中心となっていく。
80年代に入ると、シンセサイザーをはじめとする電子機器の普及でロックの方法論は大きく変化し、テクノやエレクトロポップが主流になるのだが、MTVの登場もあって、売れる音楽と売れない音楽の差は広がっていく。例えば、マイケル・ジャクソンの『スリラー』(‘82)などはレコードだけでなく、ビデオの大ヒットもあって、全世界で1億枚以上を売上げる結果となった(未だにこのギネス記録は破られていない)。
メジャー対インディーズの結果は、ここまではメジャーのひとり勝ちのように見えるのだが、地下に潜っていたかのようなインディーズのミュージシャンに光が当たるのは、一般のリスナーがCMJ(カレッジ・メディア・ジャーナル)に注目する80年代中期になってからだ。

CMJ(カレッジ・メディア・ジャーナル)というメディア
アメリカには膨大な数のラジオ局が存在する。日本でも最近では各地域にローカルFM局が増えてはいるが、アメリカでは70年代には既に1000以上もの局が存在していたようだ。特に、大学の構内に設置されたカレッジ・ラジオ局(1)は、地域で流行っている音楽をオンエアするという性質があるために、少し場所が離れるだけで、ヒットチャートも相当違った結果になっていた。
70年代の終わりには、全米に散らばったラジオ局のチャートを集計し発表する雑誌(CMJ)が登場し、このカレッジチャートこそが80年代の新たな音楽ムーブメントを生むトリガーのひとつになる。ようやく、インディーズのミュージシャンたちに光の当たる時がやってきたのだ…。
CMJはローカル局のデータを集めて集計したものであったため、メジャーのチャートとはまったく違う結果になった。また、感性豊かな大学生が中心リスナーだったから、地域で人気のあるバンドだけでなく、新しいポピュラー音楽や世界各地のワールドミュージックなど、さまざまな音楽がチャートに上がっていた。
ちなみに、手元にある1994年12月第1週のビルボード・トップテンとCMJ・トップテンを比べてみると…ビルボードでは1位と4位が Boyz II Men、2位にIni Kamoze、3位にReal McCoy、5位にBon Jovi、6位にMadonna、7位にSheryl Crow、8位にTLC、9位にBrandy、そして10位がJanet Jacksonという順位になっているのだが、CMJでは1位にBoss Hog、2位The Smashing Pumpkins、3位The Amps、4位Rocket From The Crypt、5位G. Love & The Special Sauce、6位Oasis、7位The Rentals、8位Sonic Youth、9位Stereolab、10位Pizzicato Fiveとなっている。10位に日本のピチカート・ファイブが入っているが、少年ナイフ、ボアダムズ、チボ・マットらもCMJの常連として知られている。
両者のチャートの違いを見るだけで一目瞭然だが、すでに80年代終わりには、大手レコード会社の思惑と、若い世代が求める音楽が乖離していることだけは明白な事実であった。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。